初演と再演の使い分けを無視

『ヌレエフ』P.291-292
毎年彼の振付作品二本と新作一本を上演します。今シーズンは“眠れる森の美女”と“白鳥の湖”の改訂版と新作の“バヤデール”を行います」
Telperion訳
毎年彼の作品2本を再演し、新作1本を初演します。今シーズンは『眠れる森の美女』と『白鳥の湖』の再演、『ラ・バヤデール』の初演を行います」
原本『Noureev』
Chaque année, nous reprendrons deux de ses productions et en créerons une nouvelle. Cette saison voit la reprise de La Belle au bois dormant et du Lac des cygnes, et la création de La Bayadère. »

1989年11月に発表された、ヌレエフがパリ・オペラ座バレエの芸術監督を辞任する代わりに第一振付家になるという声明の一部。

原文は「ラ・バヤデール」のみ未完成なのを考慮している

最初の文で、新倉真由美は原文の2つの述語であるreprendronsとcréeronsをともに「上演します」としている。しかし、reprendronsは「再演する」、créeronsは「初演する」という意味。第2文で新倉真由美が「改訂版」「新作」としているrepriseとcréationも、正しくは「再演」「初演」。

この声明が出たとき、「眠れる森の美女」と「白鳥の湖」のヌレエフ版はすでに上演されたことがある一方、「ラ・バヤデール」全幕のヌレエフ版はまだ存在しない。だから前者の上演を再演、後者の上演を初演と呼んで区別している。

新倉真由美訳の不自然な点

新作一本がヌレエフ作品でないような言い方

「振付作品二本と新作一本」という表現では、新作一本がヌレエフの振付作品でないように見える。しかし文脈的にここで他人の新作が話題になるはずはないし、今シーズンの例である「ラ・バヤデール」がヌレエフの遺作になったことはよく知られている。

「ラ・バヤデール」が一からの新作のような言い方

「眠れる森の美女」、「白鳥の湖」、「ラ・バヤデール」はすべてプティパ振付をベースにしている。前二者を改訂版と呼ぶなら、「ラ・バヤデール」だけを新作と呼ぶのは変。

関連記事

コメント

非公開コメント