complication(いざこざ)とcompliment(賛辞)

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.131:
出演料はもらえないが、ありとあらゆる賛辞を浴びるだろう。
Telperion訳:
出演料は受け取らない。しかしそれでも、あらゆる種類のいざこざがあるだろう。
原本『Noureev』:
il ne touchera pas de cachet. Mais il y aura quand même toutes sortes de complications.

クエヴァス・バレエと契約中にフォンテーンからガラに招待されたヌレエフの迷い。

complicationの意味として仏和辞書にあるのは「複雑さ」「もめごと」など。ここでの意味は「もめごと」で、ガラ出演で生じる問題や、マスコミに殺到される恐れがあることを指すと考えられる。「褒め言葉」はcompliment。

関連記事

コメント

非公開コメント