CIAの手先という説は断固として否定された

『ヌレエフ』P.107:
クララは否定しなかったが、書類には矛盾したことが書かれている。
Meyer-Stabley原本:
La jeune femme a toujours démenti formellement. Le dossier est d'ailleurs contradictoire
Telperion訳:
若き女性は常にきっぱりと否定した。その上、書類には矛盾がある。

ヌレエフの亡命に決定的な役割を果たしたクララ・サンが、KGBの文書でCIAの手先だとされていることへの反論。

最初の文はごく普通の肯定文。あまりに原文の意味が明快で、他に解説することがない。

否定文と肯定文が逆転した例
関連記事

コメント

非公開コメント