溝を越えられなかったヌレエフの比喩

『ヌレエフ』P.288-289:
野獣ルディは異星人であり続け、自在に飛び回り八面六臂の活躍をするために苦労を重ねていたが、このときには困難を乗り越えられないと感じていた。
Meyer-Stabley原本:
Rudi le fauve a beau multiplier, aérien, moelleux, entrechats et rebonds, cette fois il ne parviendra pas à le franchir.
Telperion訳:
野獣ルディがいかに軽やかにふわりとアントルシャやバウンドを繰り返そうと、今回はこの溝を越えるのに成功しなかった。

パリ・オペラ座バレエの監督時代末期、ヌレエフとバレエ団との仲が悪化したことについて。

aérienは「異星人」ではない

記事「フィガロ紙のヌレエフ讃」で書いたように、「空気のように軽い」を意味するaérienは、「外国人、異星人」を意味する英語alienと無関係。

繰り返すジャンプは苦労の比喩ではない

代名動詞"se multiplier"には「八面六臂の活躍をする」という意味があり、新倉真由美はこの意味を訳文に混ぜている。しかしここではmultiplierの前にseはないのだから、multiplierは代名動詞でなく普通の他動詞であり、意味は「~を重ねる、繰り返す」。他動詞の目的語、つまり繰り返されるものは"entrechats et rebonds"(アントルシャとバウンド)。

この文は「暴君とガルニエ宮の間には溝があった。」(訳本P.288)の直後にあり、文の後半では「溝(最後から2番目にある代名詞le)を越えるのは無理だった」と言っている。そしてバレエ用語entrechatからは、ヌレエフの跳躍が賞賛の的だったことが思い出される。だから文の前半は、「ヌレエフがたとえ跳躍の名手であろうと」という比喩だと推測できる。

「自在に飛び回り八面六臂の活躍をする」までなら、「得意技を繰り出しても」という原文のニュアンスからそう外れてはいない。しかし「苦労を重ね」は外れている。

更新履歴

2014/2/10
multiplierの説明を強化
関連記事

コメント

非公開コメント