ブログ公開3周年

今日で3周年を迎えました。でも最近はろくに更新していなくて、歯がゆい気持ちです。1月から長引いていた咳と3月の花粉症のダブルコンボに会い、しばらくはとても文章を書けない状態だったのが発端でした。復調した後も、崩れた記事書きリズムを立て直すのはなかなか難しい。そろそろ他のことにも目を向けたいし、3冊それぞれに指摘記事作成には困難があります。でも、まだできることは少しはありそうです。

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』指摘の課題

記事を書く困難さ

年明けと6月の節目記事でいつも書いているとおり、「私の解釈のほうが正しいという確証が足りない」「取り上げるには小さすぎないか」という迷いが原因で記事にしていない個所の多さにじりじりしています。

原文をすべて辞書で調べるほどの気力を持てないのも心残りです。原文と新倉真由美の文を読み比べたとき、構文解析が正しそうで、新倉文に矛盾が見られなくても、新倉文が正しい訳だとは言い切れません。frileux(寒さに弱い)をfurieux(怒り狂った)と読み違えただけでとんでもない誤訳になる例もあるので。ああいうのを見過ごしていなければいいのですが。

今できそうなこと

ブログで取り上げている3冊のうち、実力が及ぶ限りのことはしたと一番思えるのがこの本です。今後するのは、ボツ箱カテゴリ向き(新倉文はどう見てもおかしいが、正しい訳を確定できない)に少し追加するとか、記事にするに足る問題だと思い直した個所を取り上げるくらいでしょうか。

『ヌレエフとの密なる時』指摘の課題

記事を書く困難さ

プティの原文が難しくて、どういう意味だか見当が付かない個所がいくつもあります。そういう個所は新倉訳を読んでも、「原文をこう解釈するのはとても無理があるけど」と思いますが、それだけで記事にはできません。

今できそうなこと

目下のところぜひともやりたいのは、初期記事の書き直し。内容を端的に説明した見出しを付けるだけでも、斜め読みで要点をつかみやすくなりそうな記事は、あちこちにあります。この種の書き直しのとき投稿日は変更しないので、新着記事にはなりませんが。

他2冊だと「取り上げるには小さすぎないか」と迷う誤訳でも、『密なる時』なら記事にしていいかも知れません。原本はとても薄い本だし、私が意味をしっかり理解できる個所は限られます。すべて書いても、大して煩雑にはならないでしょう。

『バッキンガム宮殿の日常生活』指摘の課題

記事を書く困難さ

これはヌレエフ本2冊と違い、記事にできるくらい大きな誤訳がいくらでもあります。最近更新が伸び悩んでいる理由は、投稿リズムが崩れた以外には2つ。

  1. ヌレエフ本の記事を圧倒する量にしないためには、ヌレエフ本にあれば取り上げた誤訳でも、見送る必要がある。選別はとてもストレスがたまる作業。
  2. ヌレエフ本と違い、英国王室本は何冊も現役出版中。英国王室について熱心に知りたい読者がフランス人の著作『バッキンガム』を選ぶ確率は、ヌレエフについて知りたい読者が『ヌレエフ』を読む確率より低い。私の記事の必要性も落ちるはず。
  3. 『バッキンガム』で意味が破綻した個所は『ヌレエフ」を上回る。私の記事を読まなくても、この本が信用ならないと気づく読者はかなりいそう。

今できそうなこと

でも、今の記事数74では、あの本のお話にならない品質を書ききれていないとは思います。あと数十増やしても、ヌレエフ本指摘記事の存在感は薄れないでしょう。ま、今は波に乗れなくて苦労しているので、数十増えるか分かりませんが。

記事数を増やすなら考えなければならないのは、記事のカテゴリ分け。どう分ければいいか頭を悩ませています。細分化し過ぎても煩雑だし、大ざっぱ過ぎても参考にならないし。

関連記事

コメント

非公開コメント