異論を唱えるのでなく唱えられるヌレエフ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.290:
服従すべき立場であったが芸術上の選択に関しては反対意見も申し立てられる彼は、ベルジェのもとに急いだ。
Telperion訳:
異論の対象にはならないが、その芸術上の選択には異議の余地があることが多い彼は、ベルジェと対立した。
原本『Noureev』:
Incontesté, mais souvent contestable dans ses choix artistiques, il se heurte à Bergé.

パリ・オペラ座を統括することになったピエール・ベルジェがバレエ団の運営をも指図しようとしたことに反発したヌレエフ。

最初にある次の語句2つは分詞構文。主文の主語であるヌレエフについての説明。

  1. Incontesté (異論の対象でない)
  2. mais souvent contestable dans ses choix artistiques (しかし彼の芸術的選択において異論の余地があることが多い)

これらの分詞構文のキーワードである2つの形容詞incontestéとcontestableは、『プログレッシブ仏和辞典第2版』ではこう載っている。

incontesté
異論のない、確定的な
contestable
異論の余地がある、疑わしい

ヌレエフが異論を唱える側なのか、唱えられる側なのか、これだけでは分かりづらかったので、ラルース仏語辞典にも当たった。

incontesté
Qui n'est pas contesté
異論の対象でない
contestable
Qui peut être contesté, mis en discussion ; discutable, douteux
異論の対象、議論中になりうる。議論の余地がある、疑わしい

動詞contester(異論を唱える)がどちらの説明でも受動態で使われているので、どちらも異議の対象になるかならないかを示すということがよく分かる。

つまり、分詞構文の意味は、「ヌレエフは(少なくとも今まで)反対されずにいたが、ヌレエフの芸術的選択については疑問の声も存在した」となる。ヌレエフ自身が唱える異議についての話ではない。

「急ぐ」でなく「ぶつかる」

"se heurter à ~"とは「~とぶつかる、対立する」。新倉真由美訳の「~のもとに急いだ」は、何かの単語の見間違えか、その場で適当に想像したかのどちらかに思えてならない。

関連記事

コメント

非公開コメント