「失楽園」稽古再開に向けて

『ヌレエフとの密なる時』P.23:
活力がみなぎってきた。そして私は、マーゴと若き怪人ヌレエフが辛抱強く私を待っていたロンドンへと向かった。
Telperion訳:
彼女の絶対確実なエネルギーによって充電し、マーゴと若き怪物がじりじりしながら待つロンドンに向けて発つところまでまた来た。
原本『Temps Liés avec Noureev』:
je recharge mes accus à son énergie infaillible, et me revoilà parti pour Londres où Margot et le jeune monstre m'attendaient impatiemment.

「失楽園」の初稽古の後で心身の調子を崩してフランスに帰国したローラン・プティがまた稽古に戻るまで。

プティを待つ2人の様子が原本と訳本で逆

impatiemmentはpatiemment(辛抱強く)の反対語。単語の見間違いは『ヌレエフとの密なる時』では珍しい。フォンテーンの旧友であるプティを急かさず待つのも、自分の都合で稽古を中断したプティを急かすのも、両方ありえそうだが、実際は後者。

プティはジジからエネルギーをもらった

"énergie infaillible"(確実なエネルギー)についている所有代名詞sonは、文脈によって「彼の、彼女の、その」のいずれかになる。引用文の前に、妻ジジのそばでプティが元気になったことが書いてあるので、ここでのsonは「彼女の」。プティはジジのエネルギーで力を取り戻したと書いているのだが、新倉真由美の訳では活力の源がジジだということが分からないと思う。ジジのおかげで復調したことはもう書いてあるので、絶対訳す必要があるというほどでもないが、念のため。

主な更新

2016/5/11
見出し変更
関連記事

コメント

非公開コメント