母国のヌレエフに同行する通訳とは

今回は原本の間違いと思しきことについて。

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.281:
ボディーガードとおかしなことに通訳に伴われ、
原本『Noureev』:
Accompagné d'un garde du corps et (curieusement) d'une interprète, Jeanine Ringuilt,
Telperion訳:
ボディガードと(奇妙なことに)通訳のジャニーヌ・リンギルに伴われ、

26年ぶりにソ連に入国したヌレエフがモスクワで飛行機の乗り換えを待っていたときの同行者について。ソ連生まれのヌレエフがソ連で通訳を連れている、確かにおかしなことです。私は初めて読んだとき、「ソ連生まれであっても今では外国人同然だ」というソ連当局の当てつけとして通訳が押し付けられたのかと思いました。次に訳本の間違いを疑いましたが、原本でもinterprète(通訳)という記載でした。その謎を解く鍵となったのは、原本にある通訳の名前、Jeanine Ringuiltでした。

『Nureyev: The Life』(Julie Kavanagh著)より
Janine Ringuetなる人名が載っています。1960年当時、フランスとソ連の文化交流を専門にするパリの組織で働く"assistant impresario"であり、ヌレエフの才能を見込んで1961年にヌレエフのパリ行きを実現させたそうです。1987年のヌレエフのソ連行きにも同行しました。
『Nureyev: His Life』(Diane Solway著)より
このソ連行きの同行者の一人としてJeanine Ringuitという名があります。キーロフとともにパリで過ごした最初の頃に会った、ロシア語を話すimpresarioという説明です。

impresarioのしっくりくる日本語訳は分からないのですが、公演のプロデューサーらしいです。ソ連の芸術家の招待公演を手配するのを仕事にしているなら、ヌレエフと知り合いでソ連に馴染みがあり、ソ連まで同行するのもうなずけます。

Kavanagh本とSolway本で触れられる同行者と似た名前の通訳…これって、『Noureev』の原著者メイエ=スタブレ(Meyer-Stabley)がimpresarioとinterprète(通訳)を読み違えたんですよね?ソ連でヌレエフに通訳が付くのは意味がなさすぎるし、そんな似た名前の二人がたまたま同時にヌレエフに同行なんて、確率低すぎです。

似たような単語を読み間違えるのは、新倉真由美が何度もしていますが、メイエ=スタブレもするんですね。人名や作品名などでは時々見かけますが、普通名詞で気づいたのは今のところこれだけです。

関連記事

コメント

非公開コメント