映画「ヴァレンティノ」ラストのオレンジ

間違いとまでは言わないものの、原本と訳本の間にある差異に気づいたことが、この記事を書くきっかけとなりました。まずその部分を引用します。

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.242:
この映画の最後には、ヴァレンチノが決して手に入れられなかった穏やかな幸福の象徴としてオレンジが登場するが、彼のオレンジはなんだったのだろう? イタリアの恋人ヴァレンチノは、オレンジ畑を買って引退することを夢見ていたらしい。
Telperion訳:
彼のオレンジ、映画の終わりでヴァレンティノの手から永遠に逃れていくのが見られるこの平穏な幸福の象徴とは何なのか(どうやら生涯を通じて、「イタリアの恋人」はオレンジ園を買ってそこに隠居することを夢見ていたらしい…)。
原本『Noureev』:
Quelle est son orange à lui, ce symbole du bonheur tanquille que l'on voit, à la fin du film, échapper à jamais des mains de Valentino (toute sa vie, paraît-il, l'Italian lover rêva d'acheter une orangeraie et de s'y retirer...).

新倉真由美訳の「ヴァレンチノが決して手に入れられなかった」に当たる原著者メイエ=スタブレ(Meyer-Stabley)の原文は"échapper à jamais des mains de Valentino"(ヴァレンティノの手から永遠に逃れる)。さらに、この語句が"l'on voit"(不特定の人が見る)と組み合わさり、「永遠に逃れるのを不特定の人が見る」という意味になることから、ヴァレンティノからオレンジが逃げる場面は、目に見える具体化された映像らしいと推測できます。

オレンジの登場の仕方

映画「ヴァレンティノ」の終わりでオレンジがどのように登場するか、私が2つの描写から想像したことを書きます。

新倉真由美の描写から受ける印象
  • 本筋の場面と無関係にオレンジの画像がフラッシュバックのように現れる
  • エンドクレジットの背景
メイエ=スタブレの描写から受ける印象
  • ヴァレンティノがオレンジを取り落とす
  • ヴァレンティノがオレンジに手を伸ばすが、届かない

メイエ=スタブレは「ヴァレンティノの手から逃れるのが見られる」とはっきり書いている以上、オレンジはヴァレンティノのすぐそばにあったはず。本当にそうだったのだろうか、気になる…見られたらいいんだけど…そういえばYouTubeにあったはず…見つけた!

そんなわけで、映画のラストだけ見るなんて行儀が悪いとは思いながらも、確認してしまいました。確かに、手から永遠に逃れ去りましたね、オレンジ。オレンジをもてあそんだヴァレンティノが倒れ、転がるオレンジから目を離さないまま目を閉じるのでした。

原著者の参照資料はアレクサンダー・ブランド著作かも

それにしても、メイエ=スタブレはさらっとラストを描写していますが、「ヴァレンティノ」のラストは大して知られていないでしょうね。オレンジのことまで書くほど詳しいあらすじ紹介は、なかなかないだろうと思います。

メイエ=スタブレの参考文献の中に、"BLAND (Alexander),Noureev-Valentino,Paris, Le Chêne, 1977"があります。アレクサンダー・ブランドとは、ヌレエフと親しかったナイジェルとモードのゴスリング夫妻が舞踏評論家として使ったペンネーム。二人はイギリス人なので、英国アマゾンや米国アマゾンを調べると、"The Nureyev Valentino"(Littlehampton Book Services Ltd出版、1977)という本がヒットします。これが原書でしょう。

メイエ=スタブレが載せた書名Noureev-Valentinoはフランス語だし、出版社がパリのLe Chêne。英語の原書と同じ年にフランス語版が出ていたのですね。外国のヌレエフ関連本がフランスで出版し直されるのはほとんどなさそうなのに、これが出版されるとは驚きです。

ゴスリング夫妻なら、綿密に場面を説明しても不思議はありません。多分この本がオレンジの出典だと私は考えています。でも映画の映像を見た可能性はありますね。2003年当時にDVDの普及がどうだったかは覚えていませんが、ビデオテープだったとしても、ざっと見るくらいはできそうです。もし実際に見ていたとしたら、そのまめさに感動します。

新倉真由美訳について

新倉真由美は別の個所で、"à jamais"(永遠に)を"ne ~ jamais"(決して~ない)と取り違えています(「三日月クラシック」の原文比較2より「P.186 彼らの関係に~」。だからここでも「決して~なかった」という表現を使っているのを見ると、「また取り違えているのかな」と疑ってしまいます。しかし、同時に"échapper des mains"(手から逃れる)を「手に入れる」と訳したために、文全体としては「永遠に手から逃れる」に対して「決して手に入れられない」という、それほどかけ離れていない意味になったのではないかと。

原文の直訳を正しく理解した上であえて「決して手に入れられない」にした可能性はあります。ただ、私自身が実際の情景を浮かべられるのはメイエ=スタブレの描写なので、この場合はそれを尊重したほうがよかったかと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント