トランジット行きは救済ではなく破滅

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.95:
ルドルフをトランジットまで連れて行かなくてはならない。そこは中立のゾーンで、彼に対し誰も何もできなくなるからだ。
Telperion訳:
ルドルフをトランジットに連れて行かれてはならない。そこでは彼は中立地帯にいて、もう彼のために誰も何もすることができないのだから。
原本『Noureev』:
Il ne faut pas qu'ils emmènent Rudolf en transit : là, il serait en zone neutre et personne ne pourrait plus rien pour lui.

ヌレエフがソ連に送還されると知り、どうするべきか必死に考えるピエール・ラコット。

ラコットはヌレエフをトランジットに行かせたくない

第1文の直訳は「彼らがルドルフをトランジットに連れて行ってはならない」。"Il ne faut pas que ~"(~してはならない)と"ils emmènent Rudolf en transit"(彼らがルドルフをトランジットに連れて行く)が結合している。

  • ヌレエフをトランジットに連れて行こうとしているのは「彼ら(ils)」。
  • ラコットはヌレエフがトランジットに行くのを止めたい。新倉本の「連れて行かなくてはならない」とは正反対。

連れて行こうとしているのはKGB

新倉真由美はヌレエフを連れて行く「彼ら」(ils)をラコットやその友人たちだと見なしたらしい。しかし、ラコットたちはロンドンに発つヌレエフを見送りに来たのであり、ヌレエフをどこかに連れて行こうとはしていない。この状況でヌレエフを連れて行こうとしているのは、ソ連行きの飛行機に乗せたがっているKGB職員。

トランジットではヌレエフの不利になる

ラコットの考えの理由である"personne ne pourrait plus rien pour lui"を「彼に対し誰も何もできなくなる」と訳すことは可能。前置詞pourにはさまざまな意味があるのだから。しかし、その前に異論の余地なく「トランジットに行かせてはならない」とあるのだから、その理由は「トランジットに行くとこういう不利な事態になる」とならなければならない。だからここでのpourは、「~に対し」でなく「~のために」と解釈しなければ、この部分全体の意味が通らない。

おまけ - KGBもヌレエフもトランジットに用はないはずでは

フランス語のtransitは日本語のトランジットと同様、目的地に行く途中で別な国の空港に立ち寄ることを指すらしい。ヌレエフはパリから出発しようとしており、トランジットのために空港にいるのではない。なのになぜトランジットに連れて行くとか行かないとかいう話になるのか、私には分からない。

強いて推測するなら、ラコットのような見送り客が立ち入れない区域のことを便宜上トランジットと呼んでいるのかも知れない。この場合の中立とは、ソ連寄りでもフランス寄りでもないということだろう。国に出入りする人間しか入れない区域は普通のフランス領土とは違うという感覚なのかも知れない。

更新履歴

2016/5/11
分かりやすさを目指して大幅に書き直し
関連記事

コメント

非公開コメント