イヨネスコはバレエ関係者でなく劇作家

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.292:
また「ヌレエフ後援会」の後押しで、イヨネスコ、ショヴレ、ドミンゴ等数多くの芸術家たちによる請願書がブレジネフ首相のもとに送らせた(原文ママ)。
Telperion訳:
「ヌレエフ後援委員会」の旗振りで別の嘆願書がレオニード・ブレジネフに送られた。この嘆願書は、フランスではウジェーヌ・イヨネスコ、クロード・ロワ、イヴェット・ショヴィレ、シュザンヌ・フロン、ピエール・ブーレーズ、レスリー・キャロンの署名を集めた。そこに加わった外国の多くの芸術家のなかには、エドワード・オールビー、ジョン・ギールグッド、ポール・スコフィールド、ポール・テイラー、ジョアン・ウッドワード、プラシド・ドミンゴといった名前が挙げられる。
原本『Noureev』:
Une autre requête est envoyée à Leonid Brejnev à l'instigation du « Committee to assist Noureev ». Elle rassemble en France les signatures d'Eugène Ionesco, Claude Roy, Yvette Chauviré, Suzanne Flon, Pierre Boulez, Leslie Caron. Parmi les milliers d'artistes étrangers qui s'y sont associés, on relève les noms d'Edward Albee, John Gielgud, Paul Scofield, Paul Taylor, Joanne Woodward, Placide Domingo...

ヌレエフと母の再会を認めるようにというソ連政府への嘆願書の1つについて。賛同者としてずらりと並んだ有名芸術家たちの名は、訳本では大量に削られた。残念ではあるが、字数減らしの手段としては穏当だろうから、この省略自体については取り上げない。私がこの記事を書いたのは、残った名前が姓だけになった結果、最初に挙がるイヨネスコが誰のことか分かりづらくなったせい。

実は私は原文を読むまで、このイヨネスコとはヌレエフ振付「シンデレラ」の舞台装置を担当したペトリカ・イオネスコ(Petrika Ionesco)だと思っていた。一般的には劇作家のウジェーヌ・イヨネスコのほうが有名だろうが、ペトリカの名が載っている一方、ウジェーヌの名が他の場所にない本で、姓だけなのはとても紛らわしいと思う。誤植や人名間違いが多く、別の場所でイヴェット・ショヴィレ(P.145)としている名をここでショヴレと書くような本では、2つの表記がわずかとはいえ異なるから別人を指すのだろうとはと判断しにくい。3人分のファーストネームなんて大した字数ではないのだから、フルネームで書いてほしかった。

著名人たちは発起人でなく賛同者

原文を読むと、名が挙がった芸術家たちは署名という形で嘆願に参加していることが分かる。つまり、署名を呼び掛ける側ではないらしい。原文で後援委員会(le « Committee to assist Noureev »)の前にある"à l'instigation de ~"は「~にそそのかされて、の勧めで」。「委員会の勧めで」の意味はいささかあいまいだが、芸術家たちが発起人でないなら、委員会が発起人なのかも知れない。

関連記事

コメント

非公開コメント