新倉本が招くヌレエフの誤解(9) - 異様な趣味

ここで挙げるのは、訳本を読んだとき「ヌレエフってそんな変なことするの?」と思った個所。今まで挙げた、ヌレエフの人格にかかわる個所に比べると、微笑ましいとすら言えます。しかし、「ヌレエフは変人だから何でもあり」と言わんばかりに新倉真由美と文園社がノーチェックでこんな変な記述を出版したのには驚きます。

  1. P.89 外出時には羽飾りのついたターバンを巻くかクロテンの帽子をかぶり、(「三日月クラシック」の原文比較4より)
  2. P.193 岩でできた大邸宅(「三日月クラシック」の原文比較2より)
  3. P.213 教養のある人間で、プルーストの本を熟読しながら書斎に置くのを好まない(「三日月クラシック」の原文比較2より)

ターバンやコサック衣装でパリで外出?

第1項は、原文で前の文(訳本では「もじゃもじゃの髪で~同意することはなかった」)に付いていた"À la ville"(市街では)がここで"À la scène"(舞台では)の代わりにあるように読み間違えたのだと思います。それにしても、パリの街中でターバン姿とはあまりに奇想天外。

羽飾りが付いたターバンをしているのは、件の個所で触れられている「ラ・バヤデール」のソロル。いくつもの版で共通する衣装のようですね。新倉真由美はヌレエフ版も含めて「ラ・バヤデール」を見たことがないらしいので(記事「バヤデールへの刺客は踊っていたか」を参照)、当然分からないでしょう。しかしせめて、バレエ書籍をよく出版する文園社の誰かが、出版までの過程で連想すればよかったのですが。

岩でできた大邸宅?

第2項の個所を訳本で読んだ後、私は思わずヌレエフのリ・ガリの家の写真をインターネットで検索してしまいました。普通の建材を使っているように見えます。それに原文のpiton(山の尖鋒)は家に置き換えられる言葉ではありません。

この部分はヌレエフ所有の不動産を列挙した一つであり、他の不動産は家や牧場やアパルトマンです。「ガリの島」を新倉真由美が「リ・ガリ島の家」に変えたのは、それらに合わせたのかも知れません。「島」を「島の家」にした以上、新倉真由美にとっては「この岩だらけの鋭鋒」も家を指す言葉でなければならなかったのでしょう。

しかし、リ・ガリは小さな島々の集まりであり、ヌレエフはその一つである島Gallo Lungoをまるごと買い取った可能性があります。断定できるほどの出典はまだ見つけていませんが、英語wikipediaでのリ・ガリの項では、マシーンもヌレエフも島を買ったという書き方です。それを知らなくても、岩でできた大邸宅よりは島を買うほうがよほど現実性があります。

教養とプルースト熟読と書斎に置きたくないことの関係

第3項は初めて読んだとき、「教養のある人間なら喜んでプルーストを書斎に置くだろうに、なぜ好まない?」と戸惑いました。もっとも、「プルーストを好まない」なら個人の見解の一つとしてありでしょうが、「熟読しながら書斎に置くのを好まない」って、どういう心境なんでしょう。書斎以外で読みたい?それとも書斎以外に保管したい?でもそれと「教養のある」の間に何の関係が?

関連記事

コメント

非公開コメント