新倉本が招くヌレエフの誤解(2) - 怒ってばかり

ヌレエフが短気なのは本当のことでしょう。しかし訳本『ヌレエフ』では、怒るヌレエフの描写がやけに多くなっています。

  1. 気が散って苛立ち激怒する
  2. P.136 いつも怒り狂い(「三日月クラシック」の原文比較4より)
  3. P.167 人びとに取り巻かれイライラしていた(「三日月クラシック」の原文比較3より)
  4. いつもイライラしている

「気が散って苛立ち激怒する」について

1番目の項の強引さは、上に挙げた中でも際立っています。単語の見間違い、能動態と受動態の取り違えは新倉真由美にありがちなので、「気が散って苛立ち」だけなら、またかで済みます(いえ、済まないんですが)。しかし3番目の動詞fascinerを「激怒する」に置き換えるのは、仏和辞書を一度でも引けば決してできないはずです。いえ、引かなくとも、確か高校英単語であるfascinate(魅惑する)に似たfascinerは、意味も同じなのではないかと、私はこの単語を見た時から疑いました。「激怒する」と言い出した新倉真由美の心境は次のどちらだったのでしょう。

  • 「気が散って苛立ち」に続くのだから「激怒する」に違いない。辞書など引くまでもない。
  • 「気が散って苛立ち」に「魅惑する(または魅惑される)」が続くなんてありえない。原著者は間違っている。

どちらにしても、新倉真由美の脳内にある「気が散って苛立ち激怒する」ヌレエフのイメージがいかに強烈かが推察できます。

その他の項について

2番目の項は、frileux(寒さに弱い)をfurieux(怒り狂った)に見間違えるだけなら、翻訳者の水準を満たす語学力と誠意を持った人にでもありうるミスでしょう。しかしその後に続く「温まる(se réchauffer)」という単語をしっかり把握すれば、frileuxの見間違いに気づくことにつながったかも知れません。1番目の項と同じく、怒り狂うヌレエフの強烈なイメージが、原文そっちのけで「ほとぼりを冷ます」という言葉を生み出したのでしょう。

3番目と4番目は最初の2つに比べると普通ですね。新倉真由美が「~させる」という文に弱いのは3番目の項だけではないし、4番目は確かに2つの単語は似ています。

関連記事

コメント

非公開コメント