数百万人のロシア人や中国人がいるソ連?

『ヌレエフ』P.102:
家族や数百万人のロシア人や中国人がいる祖国のこと。そこで過ごした日々、私はいつも孤独でちっぽけな一人の男でしかありませんでした」
Meyer-Stabley原本:
J'ai pensé à ma famille, à mon pays ; j'ai pensé qu'il y avait des millions de Russes et même des millions de Chinois, et j'ai pensé que j'étais là, tout seul, tout petit... rien qu'un homme.
Telperion訳:
家族のこと、祖国のことを考えました。何百万ものロシア人、同じく何百万もの中国人がいることを考え、自分がここにいることを考えました。まったく一人、まったくちっぽけで…一人の人間に過ぎないのです。

亡命するかどうか最終決定したときのことを回想するヌレエフ。

何と関連してロシア人や中国人のことを考えたか

原文の第2文「何百万ものロシア人や中国人がいることを考えた」(j'ai pensé qu'il y avait des millions de Russes et même des millions de Chinois)と前後の文を区切る記号を見てみる。

  1. 第1文「家族と祖国のことを考えた」(J'ai pensé à ma famille, à mon pays)との間を区切るのはセミコロン
  2. 第3文「私はここにいる、まったく一人、まったくちっぽけだと考えた」(et j'ai pensé que j'étais là, tout seul, tout petit)との間を区切るのはコンマ

セミコロンはコンマとピリオドの中間のような記号。ピリオドのニュアンスが加わる分、セミコロンのほうがコンマより文を区切る意味は強い。だから第2文とのつながりがより強いのは、第1文でなく第3文。ヌレエフが第2文で中国人を引き合いに出したのは、大勢いる民族を挙げることで、第3文で説明する孤独感を強調するため。

過去でなく現在を考えるヌレエフ

"j'ai pensé que j'étais là,"は間接話法なので、ヌレエフが考えたこと(que以降)は時制の一致や語句の転換を経ている。ヌレエフの考えを分かりやすくするために、この文を直接話法に書き換えると、"j'ai pensé : « je suis ici,»"(私は「私はここにいる」と考えた)となる。つまり、ヌレエフが考えたのは、一人きりで部屋にいる現在のこと。

新倉真由美の文の不自然な点

新倉真由美は第2文の「数百万人のロシア人や中国人」を第1文の「祖国のことを考えた」に結び付け、祖国の説明にしている。その結果、私は訳本を読んだとき、「ソ連に中国人が数百万人もいるはずがないのだが」と奇異な印象を受けた。仮に「数百万人の」がロシア人だけを修飾すると解釈しても(原文でははっきり"des millions de Chinois"とあるが)、ソ連にいる中国人をここで話題にすること自体が奇異。

更新履歴

2012/11/9
「新倉真由美の訳文の不自然な点」の部分を独立させ、引用文の背景説明を追加
2014/1/18
主に箇条書きや小見出しの追加による書き換え
関連記事

コメント

非公開コメント