鑑賞に来た病の友とは客席で話すのが自然

『ヌレエフとの密なる時』P.96:
招待客たちが帰っていった後、楽屋の中には私たち2人だけが残された。
Telperion訳:
彼の客が引き上げた後、私たちだけがボックス席に残った。
原本『Temps Liés avec Noureev』:
Après que ses invités se sont retirés, nous restons seuls dans sa loge.

すでに逝去が近づいていたルドルフ・ヌレエフが友人たちとともにローラン・プティのバレエ公演を見に来た。プティが公演後にヌレエフを訪れたときのこと。

楽屋でなくボックス席

logeはバレエ関連の言葉としては「楽屋」「ボックス席」の意味でよく使われる言葉。この文で、2人が残ったのは"sa loge"(彼のloge)。観客としてやって来たヌレエフの楽屋は劇場にないだろう。だからここでのlogeは「ボックス席」の意味になる。実際、ヌレエフはbaignoire(1階のボックス席)にいたということが少し前に書かれている。

当時のヌレエフに場所を替えるのは負担

このエピソードは章「1992年10月10日」の冒頭を飾る。観劇したのと同じ日かどうかは分からないが、この日はヌレエフ版「ラ・バヤデール」全幕が初演された数日後で、『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.304によるとヌレエフがサン・バルテルミーに静養しに行った日。ヌレエフの病気はかなり重くなっていたのだから、いくら小康状態だったとしても、わざわざヌレエフの座席からプティの楽屋に移動はしないと思う。そういうわけで、訳文には少しばかり違和感を持った。

主な更新

2016/12/12
諸見出しの手直し
関連記事

コメント

非公開コメント