自重を強いられたヌレエフ

『ヌレエフ』P.278:
ルドルフはこの頃から体の衰弱を意識し始め、もはや喧嘩に費やす時間はなかった。彼はよく「フランス人達はチャーミングでベラベラ意味なくしゃべりまくっている」と皮肉っていた。
一方彼のガルニエ宮の改革はオペラ座の怒りを買ってしまった。
Telperion訳:
ルドルフは特にこの後、自分の弱さを意識して、もう誰とも喧嘩で失うべき時間はなかった。近しい人との間では、彼はいつもこう言って皮肉っていた。「フランス人はチャーミングで無駄口ばっかりだ!」しかし、オペラ座ではトップ交代の機運が高まっていた。
原本『Noureev』:
Rudolf a surtout désormais conscience de sa fragilité et n'a plus de temps à perdre en querelles de personnes. Avec ses proches, il ironise toujours en disant : « Les Français, c'est charming et bla-bla-bla-bla-bla ! » Pourtant, la révolution de palais gronde à l'Opéra.

1988年、監督ヌレエフに対する内部の不満がまた高まったことについて。

ヌレエフの皮肉は内輪に留まる

引用部分の前でこそ、ヌレエフはマスコミを通して「バレエ団が私を好きかどうかはどうでもよい」と好戦的で、Meyer-Stableyに"sans effort de diplomatie"(外交努力なく)と言われている(訳本ではこの論評は消えた)。しかし、フランス人を皮肉ったのは、「彼の近しい人たちとの間で(Avec ses proches)」。つまり、喧嘩に失う時間をなくしたヌレエフは、親しい人間の前で憂さを晴らした。

だからこそ、オペラ座で渦巻くヌレエフへの不満に触れる文の前に、原文では「しかし(Pourtant)」が付く。ヌレエフが皮肉を公言していたら、「だから不満が高まった」でなければ論理的でない。ヌレエフが公の場では喧嘩を避けたから、「しかし不満が高まった」なのだ。

ただ「皮肉った」だけだと、その前に好戦的な公開コメントが引用されているせいで、この皮肉も大っぴらなものに見える。しかし、ヌレエフはオペラ座で何度も妥協や挫折を強いられている(ヌレエフ版「白鳥の湖」の翌シーズンはブルメイステル版を上演とか、Kenneth Greveのエトワール任命を断念とか)。判で押したように放言ばかりしているわけではないことは、きちんと伝えるべき。

ヌレエフの改革がやり玉に挙がったのではない

  1. 最後の文の主語"révolution de palais"は文字通りには「宮殿の革命」だが、これは「政権交代、首脳交代」というイディオム。
  2. 述語の動詞gronderは「うなる、まさに起ころうとしている、不満を言う」。主語が首脳交代なので、この場合は「まさに起ころうとしている」が適切。

新倉真由美がpalaisをガルニエ宮だと早合点したのが誤訳の原因だろう。しかし「ガルニエ宮の改革」という解釈には、おかしな点が2つある。

  1. ガルニエ宮のフランス語は"le Palais Garnier"、つまりPalaisは大文字で冠詞がつく。一方、原文のpalaisは小文字で冠詞がない。
  2. 引用部分の後で列挙されるヌレエフへの不満は、「多すぎる不在」「自分の振付優先」「踊り過ぎ」。これらは改革者ヌレエフが抱える欠点とは呼べても、「ガルニエ宮の改革」とは呼べない。「改革が怒りを買った」とは、「序列を軽視して若手を抜擢するとはけしからん」とか、「外部から多くの振付家を招待するのが気に入らない」とか、ヌレエフの業績そのものへの怒りを指すのではないだろうか。
関連記事

コメント

非公開コメント