男性から女性のものになったバレエ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.161:
本来バレエは男性だけのものだったが、ルイ十四世の治世下で宮廷は女性を求め、マリー・タリオニはロマン主義のプリマバレリーナとして成功を収めた。
Telperion訳:
バレエは初め男性だけのものだった。ルイ14世のもとで、宮廷から都市に移行するとき、バレエは女性に訴えかけ、ロマン時代にマリー・タリオーニによってプリマ・バレリーナが勝利した。
原本『Noureev』:
Le ballet, à l'origine, était exclusivement masculin. Sous Louis XIV, en passant de la cour à la ville, il fait appel à des femmes et l'époque romantique voit avec Marie Taglioni le triomphe de la prima ballerina.

バレエで女性が求められたのは宮廷の外

第2文で主文の主語、つまり「女性に訴えかけた」(fait appel à des femmes)のはil(それ)。次の理由から、この代名詞が指すのはバレエ。

  • ilは男性名詞の代名詞なので、女性名詞のcour(宮廷)を指すのではない。ilの前にある男性名詞はballetと"Louis XIV"だけ。
  • ilは主文の主語なので、ジェロンディフ"en passant de la cour à la ville"(宮廷から都市に移るとき)の主語でもある。宮廷から都市に移るのだから、ルイ14世ではない。

バレエが女性に呼びかけたのは、宮廷で生まれたバレエが平民の間で広がるときなのだから、女性を求めたのは宮廷よりむしろ市街のバレエ。

ルイ14世の宮廷で活躍したのは男性ダンサー

フランスのバレエを発展させる原動力となったのは、ルイ14世の後援だというのが定説。フランスのバレエの当初の場所であり、バレエが男性のものだったのは、ルイ14世の宮廷だろう。

原本『Noureev』の参考文献でもある『The Magic of Dance』の邦訳本『バレエの魅力』(マーゴ・フォンテーン著、湯河京子訳、新書館)を読むと、こんなことが書いてあり(P.302~308)、男性ダンサーが大活躍だったことがうかがえる。

  • 20代の頃のルイ14世は自ら踊るのが大好きだった
  • 当時ダンスール・ノーブルやドゥミ・キャラクテールなどの区分けができた
  • ダンサー、ジャン・バロンがルイ14世に寵愛された
  • プロの女性ダンサーが現れたのは男性ダンサーより後だった

女性ダンサー優位時代を打ち立てたマリー・タリオーニ

プリマ・バレリーナの台頭に関する"l'époque romantique voit avec Marie Taglioni le triomphe de la prima ballerina"の直訳は「ロマン時代はマリー・タリオーニによってプリマ・バレリーナの勝利を見た」。

  • 「ある時や場所(ここではロマン時代)が~を見た」とは、「~が起こった」という意味のフランス語独特の言い回し。
  • マリー・タリオーニの前にある前置詞avecは手段を表す。つまり、プリマ・バレリーナの勝利を起こしたのがタリオーニ。

実際、『バレエの魅力』P.259~260には、タリオーニが確立したポワントでの踊りをサポートするために男性の負担が増え、男性自身の踊りがおろそかにされるようになったと書いてある。つまりタリオーニは女性ダンサー優位時代を作る立役者とされている。

しかし新倉真由美の訳だと、タリオーニはすでにできた女性優位時代を謳歌しただけとも受け取れる。これはタリオーニの過小評価。

2014/1/27
箇条書きの増加をもとに書き換え
関連記事

コメント

非公開コメント