ヌレエフの凶暴さは伝聞ほどではないという証言

『ヌレエフ』P.211:
バレリーナのマイナ・ジルガドはヌレエフが巻き起こした残忍な伝説について記述している。
Telperion訳:
ダンサーのメイナ・ギールグッドはヌレエフに先行する凶暴さの伝説について述べている。
原本『Noureev』:
La danseuse Maïna Gielgud décrit la légende de férocité qui précédait Noureev :

ヌレエフがパートナーのバレリーナに暴力をふるったという逸話について、パートナーの一人となったメイナ・ギールグッドが述懐する。

précéderは「先行する、先を越す」といった意味。「ヌレエフに先行する凶暴さ」(férocité qui précédait Noureev)とはどういう意味か、この文だけでは私には推測できなかった。しかし、読み進めると次第に分かってくる。

続いてギールグッドが語ること
彼がパートナーにひどい態度を取ったという話をたくさん聞いていた。しかし彼は共演のとき私をいつも助けてくれた。
ギールグッドの談話の後でMeyer-Stableyが述べたこと
実際にはヌレエフほどパートナーをよくサポートする男性ダンサーはめったにいない(「三日月クラシック」の原文比較記事より「P.211 実際ヌレエフが~」の項)。バレリーナが全力を尽くしているのが伝われば、彼はどこまでも辛抱した。

「ヌレエフは言われているほどパートナーに横暴ではない、むしろ優しい」と書いているのだ。そういう文脈を考えると、ここでの「先行する凶暴さ」とは、日本語の「イメージ先行」という言葉と同じく、広まった話での凶暴さが実際の凶暴さを上回ることを指すと推測できる。

「先行する」は「巻き起こす」と言い換えられる言葉かどうか、私は疑問に思う。「巻き起こす」はヌレエフが発生させるということだから、生まれたものはヌレエフの後から付いてくるというイメージが私にはある。

上にリンクした「三日月クラシック」の記事を読むと分かるが、新倉真由美は「ヌレエフはとてもサポート上手だった」という原文を「ヌレエフは下手なバレリーナをろくにサポートしなかった」とほぼ反対の意味に訳している。ここでもMeyer-Stableyがヌレエフの迷惑行動について書きたがっていると誤解しているのは確実だろう。

2014/1/15
引用文の後の説明を箇条書きにするのを中心に書き換え
関連記事

コメント

非公開コメント