伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

ベジャールが昇進させたいのは主にエリック・ヴュ=アン

『ヌレエフ』P.260:
ベジャールによれば彼はバレエの責任者とオペラ座の最高顧問アンドレ・ラリックに、何度もエトワール指名について提案を行っていた。
Meyer-Stabley原本:
Selon la version Béjart, à plusieurs reprises le chorégraphe suggère à l'administrateur de la danse et au président du conseil d'administration de l'Opéra, André Larquié, la nomination du danseur comme étoile
Telperion訳:
ベジャールの説によると、この振付家はバレエの管理担当者とオペラ座理事長アンドレ・ラルキエに、このダンサーをエトワールとして任命することを何度も提案した。

ベジャールがヌレエフと激突する原因となる、エトワール任命の提案について。

「三日月クラシック」掲載部分との補完関係

ベジャールがマニュエル・ルグリのエトワール任命を提案した理由を述べた原文を新倉真由美が正確に訳していないことは、「三日月クラシック」の原文比較記事の「P.260 そのためプルミエ・ダンスールに配属された~」の項で書いた。そこで引用したのは文の後半であり、この記事で引用したのは文の前半。つまり、この記事の部分に「三日月クラシック」の引用部分をつなぐと、完全な文になる。

「三日月クラシック」のほうにある代名詞celleは、ここの引用にある女性名詞"la nomination"(任命)の言い換え。celleも"la nomination"も、述語suggèreの目的語、つまりベジャールが提案したこと。

まず書かれる提案はヴュ=アンの任命

この部分の前に、ベジャールがエリック・ヴュ=アンを自作のメインキャストに2度も抜擢したことが書いてある。したがって、"la nomination"に続く"du danseur"(このダンサーの)が指すのはヴュ=アンだと分かる。ヴュ=アンのエトワール任命提案を通りやすくするためにルグリの任命も提案したことは、「三日月クラシック」にある後半部分で書かれている。

しかし新倉真由美の文では次の理由から、最初の任命がヴュ=アンのことだと分かりにくい。

  1. ヴュ=アンを指す言葉がない。名が出たダンサーはルグリだけ。
  2. 後半部分の新倉訳「マニュエル・ルグリのエトワール指名も気まぐれで行われたのではない」から、ルグリの任命がベジャールにとって比較的軽いと読み取るのは難しい。

お気に入りのダンサーのエトワール指名を出し抜かれた」という触れ方といい、新倉真由美にとってこの事件でのヴュ=アンの存在感は軽いのではないかと疑わしくなる個所ではある。

アンドレ・ラルキエの地位は新倉真由美の想定より恐らく高い

役職の訳語を見つけるのは私の最も苦手な分野。アンドレ・ラルキエの役職はやむを得ず日本語で書いたとはいえ、これが適訳という自信はない。ただ、気づいた点を一つだけ書いておきたい。

conseilは「顧問」という意味がある言葉だが、"conseil d'administration"の意味は「取締役会」。企業でないオペラ座でこの言葉をそのまま使うわけにはいかないが、最上位の意思決定機関のようには見える。ラルキエはそのprésident(議長、代表取締役など)。

エトワール任命を執り行うオペラ座総裁(directeur de l'Opéra)との違いは分からないが、ラルキエはオペラ座の最高責任者のような地位であり、顧問より権力の中枢に近いように思える。ベジャールがエトワール任命を提案する相手として選ぶのも理にかなう。

更新履歴

2014/8/28
小見出しを増やす

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する