自らによるルグリ任命にヌレエフが執心したとは限らない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.261:
ピエール・コンベスコはパリマッチ誌の中で疑問を投げかけている。
「こんなことをして誰の役に立つのだろう? お気に入りのダンサーのエトワール指名を出し抜かれたヌレエフのため?
Telperion訳:
「この罪な行為は誰の利益になるのか?」ピエール・コンベスコはパリ・マッチ誌で尋ねる。「エイプリル前のフールを消耗させたヌレエフか?
原本『Noureev』:
« À qui profite le crime ? interrogera Pierre Combescot dans Paris-Match. Noureev, qui noyait le poisson avant qu'il ne fût d'avril ?

モーリス・ベジャールが自作「アレポ」初演後にエリック・ヴュ=アンとマニュエル・ルグリをエトワールに任命し、ヌレエフがそれを打ち消したために起きた騒動についての論評。

言葉遊びを交えた婉曲な原文

ヌレエフについての文の直訳は、「4月のものになる前の魚を溺れさせたヌレエフか?」。

  • "noyer le poisson(魚を溺れさせる)とは、「(事態を紛糾させて)相手の疲れを待つ」というイディオム
  • 「4月のものになる前の魚」とは、次のことにひっかけた表現
    • ヌレエフがベジャールによる任命を打ち消すとき、「エイプリル・フール」のフランス語である"poisson d'avril"(4月の魚)を口にした
    • この事件は3月下旬に起きた

しゃれまで含めてこの文を訳すのはとても難しい。ヌレエフが結局はベジャールによる任命をつぶしたことを言っているのかも知れないし、ヌレエフが事前にあいまいな返答でベジャールをはぐらかした(『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』によるとベジャールはそう主張しているそう)ことを指すのかも知れない。

新倉真由美の言い換えは現実をあまり反映しない

新倉真由美は「4月のものになる前の魚を溺れさせた」を「お気に入りのダンサーのエトワール指名を出し抜かれた」と言い換えた。原文に埋め込まれた「エイプリル・フール」や「相手の消耗を待つ」という語句の意味は影も形もない。原文の解釈をあきらめ、この件のヌレエフについて新倉真由美が思ったことを書いたように見える。

しかし、ヌレエフはルグリの方は時期がくればエトワールにする気があったが、ヴュ=アンに対してその気がなかったことは、今となっては明らか。だからルグリの任命よりヴュ=アンの任命のほうが、なおヌレエフの気に入らないのではないだろうか。問題なのはルグリの任命だけのようにまとめるのは、もっともらしく思えない。

主な更新

2016/5/5
小見出し追加
関連記事

コメント

非公開コメント