医療器具の用途は体液排出

『ヌレエフとの密なる時』P.91:
この付属物の内部には、2、3日ごとにネジを抜いて取り外す栓がついていて、そこから注射器で心臓を拡張する液体を注入していた。それは彼の生活のリズムを滅茶苦茶に狂わせていた。
Telperion訳:
この付属物の中央にある栓は2、3日ごとに開けられた。心臓を圧迫し、生活リズムを麻痺させる液体を注射器で吸い出すためだ。
原本『Temps Liés avec Noureev』:
Au centre de cet appendice un bouchon que l'on dévisse tous les deux ou trois jours pour avec une seringue aspirer le liquide qui étouffe son cœur et paralyse le rythme de sa vie.

晩年のヌレエフが胸に打ち込んでいた医療器具について。

  • étoufferの意味は「窒息させる、押し殺す」などで、「拡張する」と訳すのは無理
  • 他動詞としてのaspirerは「吸う」であり、「注入する」の反対

この液体は、ヌレエフの胸部にたまり、心臓その他に害となる体液なのだろう。器具の用途は、その体液を集め、注射器で取り除けるようにすること。

関連記事

コメント

非公開コメント