シンデレラは最初から美しい

『ヌレエフ』P.263:
汚らしい少女は登場から寂しげな子ではないと解釈しました。なぜなら彼女はいつの日か花開き、より美しくなると夢見ているからです。
Meyer-Stabley原本:
Pour moi, dès le début, la souillon n'est pas triste car elle vit dans ses rêves qui la subliment et la rendent plus belle.
Telperion訳:
私にとって最初から、汚らしい少女は哀れではありません。夢の中に生き、その夢によって昇華され、より美しくなっているからです。

エリザベット・プラテルが語るヌレエフ版のシンデレラ。"elle vit dans ses rêves qui la subliment et la rendent plus belle"の直訳は「彼女は彼女を昇華し、彼女をより美しくする夢の中で生きている」。「~という夢」なら"rêves que ~(節)"とか"rêves de ~(不定詞)"という形になりそうなものだが、ここでは関係代名詞quiが使われているため、夢そのものが彼女をより美しくするというのがポイント。夢が実現するかどうかと無関係に、夢見ているその時点のシンデレラがすでに美しさを増している。

ヌレエフ版「シンデレラ」を初演したギエムは、「かわいそうな境遇に見えない」と言われることもある。プラテルが演じたシンデレラもそうかも知れない。それは意図どおりとプラテルは言っているわけで、興味深い解釈だと思う。

関連記事

コメント

非公開コメント