ヌレエフはパトリック・デュポンのバレエに懐疑的

『ヌレエフ』P.259:
バレエ以外の分野でも間違いなくスターになるでしょう」
Meyer-Stabley原本:
Il sera certainement une vedette, de la danse ou d'autre chose »
Telperion訳:
もちろんスターになるでしょう、バレエか他のことで」

ヌレエフによるパトリック・デュポン評の締めとなる言葉。

一見ささいな「そして」と「または」の違い

原文で"de la danse"(踊りの)と"d'autre chose"(他のことの)をつなぐ接続詞はou(または)。このため、ヌレエフはデュポンを「スターになるだろう」とは明言しているものの、バレエのスターになるとは断言していないことになる。

新倉真由美はouをet(そして)であるかのように訳している。どちらも非常によく使われる接続詞であり、ありがちな見間違いのように見える。しかし、引用した原文の周りの文を見渡すと、それだけのことには見えなくなってくる。

この言葉はヌレエフが起こしたトラブルの例

ヌレエフがエトワール任命を観客に公開したことを書いた段落の後、原本ではその段落の倍近い長さの段落が続く。ざっと要約すると、「しかしヌレエフはまもなく周囲と衝突する性格に逆戻りした。物を投げたり、公の場でダンサーを批判したり、振り付けた『ワシントン・スクエア』が不評だったり。そしてついにベジャール・ヌレエフ事件が起きた」。そしてヌレエフのデュポン評は、以下の部分の後に丸括弧で囲まれて引用されている。

Meyer-Stabley原本:
il y a des propos acerbes à la presse contre certains danseurs
Telperion訳:
特定のダンサーたちに反対する、マスコミに向けた手厳しい言葉があり

つまりデュポン評はヌレエフのダンサー批判の具体例。このことを念頭に置いてデュポン評を見ると、なるほど「口論した」とか「表面的」とか、穏やかでない。「踊りか他のことのスターになるでしょう」という締めの言葉は、「彼は確かにスターの素質がありますよ、しかしダンサーとしてはどんなものやら」という不信の表れなのだ。

唯一、最初の文"Patrick Dupond est hyperdoué."(新倉真由美の訳は「パトリック・デュポンは群を抜いて優秀なダンサーです」)は褒め言葉かも知れない(hyperdouéは仏和辞書で見つからず、断言はできないが)。しかし他の文のことを考えると、最初の文は「才能は認める、しかし~」という譲歩に過ぎず、ヌレエフが本当に言いたいことではないのだろう。

Meyer-Stableyが明記した「ダンサーに反対する言葉」を消し去った上での「バレエ以外でもスターになる」という訳は、私には不注意でなく意図的に見える。

新倉真由美の文の不自然な点 - 前後とまるでつながらない

訳本では、デュポン評の前後はこうなっている。

  • 直前の文は「任命された最初のダンサーがシルヴィー・ギエムだった」。エトワール任命とヌレエフのかかわりについて述べた段落の最後の文。
  • 直後の文は「そしてついに一九八六年春ベジャール―ヌレエフ事件が起きた」。ベジャールがエリック・ヴュ=アンとマニュエル・ルグリをエトワールに任命した事件の説明の始まり。

この2つの段落に挟まれ、何の説明もなく唐突に「デュポンは優秀です」。その違和感は半端ではない。「前後とのつながりがわからない、脈絡がない」という感想は、「事実と違う」や「論理的に破たんしている」に比べると主観的であり、私にとっては説明が難しいもの。しかしこの部分は、私には「他の人は違和感なしに読めるかも知れない」と思えないくらい、前後どちらの段落とも無関係。

更新履歴

2016/5/5
諸見出し変更
関連記事

コメント

非公開コメント