マリア・トールチーフの談話がロゼラ・ハイタワーのものに

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.126:
マリアは端麗な一方子どもっぽい一面もあるルドルフに魅力を感じ、彼から目が離せなくなっていきました」
Telperion訳:
2人には共通点がたくさんありました」。マリアはルドルフがあまりに美しく、あまりに子供らしく、あまりに魅力的だと思ったので、「彼から私の目を離すことができませんでした」。
原本『Noureev』:
Ils avaient beaucoup de choses en commun. » Maria trouve Rudolf si beau, si enfantin, si attirant « que je ne pouvais détacher mes yeux de lui ».

亡命間もないころのヌレエフとマリア・トールチーフの出会いについて。

引用した部分の語り手は3人いる。

  1. ロゼラ・ハイタワー
    日本語訳だと「2人には共通点がたくさんありました」になる最初の部分は、その前から続いているハイタワーの談話の一部。ハイタワーの談話がここで終わることは、原文でこの後に閉じ括弧(»)が続くことから分かる。この原文は訳本では省略されたが、ハイタワーの談話がいつ終わるのかを正確に示すために訳出した。
  2. 原著者メイエ=スタブレ(Meyer-Stabley)
    ハイタワーの談話の後の「マリアはルドルフがあまりに~だと思ったので」は、メイエ=スタブレの叙述。
  3. マリア・トールチーフ
    日本語訳だと「彼から目を離せなかった」となる最後の部分は、文中に「私の目」(mes yeux)とある。だからこの部分はトールチーフ自身による述懐だと分かる。メイエ=スタブレがこの部分を括弧のペア(«と»)で囲んだのは引用だから。

しかし新倉真由美はメイエ=スタブレの文もトールチーフの語りも、みなハイタワーの談話に放り込んだ。

なお、原本の参考文献一覧にはトールチーフの自伝『Maria Tallchief : America's Prima Ballerina』が挙がっている。トールチーフの言葉はこの本からの引用である可能性が高い。

2014/1/23
主に箇条書きの導入
関連記事

コメント

非公開コメント