ワガノワへの推薦者が別人に

『ヌレエフ』P.39:
ウーファオペラ劇場に招待されていたボリショイのダンサー、アリク・ビクチューリンは、モスクワ在住のレニングラード学校の関係者に若きタタール人のオーディションを依頼した。そして、アリク・ビクチューリンとクズミニチコフの二名がルドルフをキーロフの学校に推薦してくれた。
Telperion訳:
ボリショイのダンサーでウーファのオペラ座に招待されていたアリク・ビクチューリンは、モスクワに滞在しているレニングラードの学校関係者に、次は彼らが若きタタール人をオーディションするように口添えをした。関係者とはバタシェワとクミシニコフの2人で、そのときルドルフをキーロフの学校に推薦することを約束した。
原本『Noureev』:
Alik Biktchourine, danseur du Bolchoï et invité de l'Opéra d'Oufa, intervient auprès des officiels de l'école de Leningrad présents à Moscou pour qu'ils auditionnent à leur tour le jeune Tartare. Il s'agit de deux hommes, Batacheva et Koumichnikov, qui promettent alors de recommander Rudolf pour l'école du Kirov.

ヌレエフがワガノワ・アカデミーに入学するべく奮闘していた時代のこと。

アリク・ビクチューリンが推薦?

ビクチューリンがヌレエフのオーディションを頼んだ相手は、"Il s'agit de ~"(それは~である)という構文を使って書かれているバタシェワとクミシニコフ。この2人がヌレエフを推薦する約束をしたことが、最後の関係節("qui promettent"から文末まで)で書かれている。バタシェワ(Batacheva)は当然ながらビクチューリン(Biktchourine)ではない。それに、上記のビクチューリン紹介文を読む限り、ビクチューリンはヌレエフをワガノワ・アカデミーに推薦できる立場にない(この紹介文は実は疑わしいが、それについては後述)。

モスクワ在住?

présentは単に「存在する」。実際のところ、レニングラードの学校関係者がモスクワに住んでいるとは考えにくい。この文の出来事は、モスクワでバレエのイベントが開催されたときのことなので、たまたまその時モスクワに来ていたのだろう。

Meyer-Stableyのミス - ビクチューリンの経歴

どうもビクチューリンがボリショイのダンサーだったことはないらしい。

  • 『Nureyev: The Life』(Julie Kavanagh著)ペーパーバックP.33とP.43によると、ビクチューリンはヌレエフを学校関係者に紹介したとき、ワガノワの生徒だった。そして卒業後は故郷ウーファに戻った。
  • ロシアのバレエ雑誌のバックナンバーの英語版ページによると、ビクチューリン(英語のスペルはAlik Bikchurin)は"Bashkir State Opera and Ballet Theater"のプリンシパルだった。

原著者のミス疑い - 推薦者の名前

2人の推薦者はワガノワの教師で、Kavanagh本や『Nureyev: His Life』(Diane Solway著)に姓名が載っている。

推薦者の一人バタシェワは、名はNaimaだが、姓の表記は一定でない。Solway本ではBaltacheeva、Kavanagh本の本文ではBaltacheyeva、Kavanagh本の索引ではBaltacheva。マイナーな人名なので断言はしにくいが、バルタチェワのほうが実際の発音に近い名前かも知れない。

もう一方のクミシニコフは、Meyer-Stabley本と同じ発音の姓であり、問題ない。MeyerSolway本ではAbdurachman Kumisnikov、Kavanagh本ではAbdurahman Kumisnikovと表記されている。

2014/2/7
以前のページの消失に伴い、ビクチューリンの経歴が載ったページのリンクを変更
関連記事

コメント

非公開コメント