非難の対象はギエムでなくヌレエフでは

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.289:
断りもせずに!
Telperion訳:
許しがたい!
原本『Noureev』:
Impardonnable !

シルヴィ・ギエムがパリ・オペラ座バレエを離れてロイヤル・バレエに活動の場を移したことを述べた後にこう続く。新倉真由美の文では、ギエムへの非難にしか見えない。

「許しがない」と「許せない」は違う

仏和辞書にあるimpardonnableの意味は試訳のとおり。

英語もそうだが、フランス語ではinで始まりableで終わる形容詞は「~できない」という意味のことが多い。仏和辞書をざっと見ても、insupportable(耐えられない)、inoubliable(忘れられない)、inévitable(避けられない)など、いくつも挙げられる。なお、impardonnableの最初がinでなくimなのは、pの前にはnでなくmが付くことになっているから。

また、関連する名詞pardonや動詞pardonnerを仏和辞書で見る限り、これらの言葉が指す「許す」とは「容赦する」という意味であり、「許可する」というニュアンスではないらしい。

この文はヌレエフに批判的な段落の締め

「許しがたい」のはギエムの出奔だと解釈することは可能ではある。しかし、この段落全体で書かれているのは、1989年にヌレエフとパリ・オペラ座の関係が悪化したこと。記事「ストライキに関与するのは誰か」や「溝を越えられなかったヌレエフの比喩」で取り上げた文も、同じ段落にある。この段落で原著者メイエ=スタブレ(Meyer-Stabley)はヌレエフの悪行をいろいろ並べた後、最後にギエムとの喧嘩別れを書いている。そういう段落の最後の文がギエムへの非難では、唐突というか、収まりが悪い。この「許しがたい!」とは、ギエム出奔の原因を作り、それ以外にもトラブル山積みだったヌレエフへの非難だと私は考える。

関連記事

コメント

非公開コメント