ユーリ・ソロヴィエフが強要されたのは所持品検査

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.108:
しかしこれはKGBに強いられ、ソロヴィエフが言わされた虚偽の発言だった。彼らはルドルフの一件を急いで処理しようと、のっぴきならない危険な話を探していた。しかし何も見つからず、しまいにパートナーの口の軽さを利用して告白させたのだ。
Telperion訳:
本当は、ソロヴィエフはルドルフの不在の間にその所持品を探し、立場を危うくするものを発見することを試みるよう、KGBの人間にまさしく強制されたのだ。しかし不利になるよう使えるものは何一つ見つからず、ついに彼は無遠慮な行動をパートナーに告白した。
原本『Noureev』:
La vérité est que Soloviev fut bel et bien obligé par les hommes du KGB de fouiller les affaires de Rudolf pendant son absence pour tenter d'y découvrir quelque chose de compromettant. Mais il ne trouva rien à utiliser contre lui et finit par avouer son indiscrétion à son partenaire.

ヌレエフの伝記の1つの著者Otis Stuartが唱える「ヌレエフが亡命したのは、相部屋だった同僚ユーリ・ソロヴィエフに言い寄ったことをKGBに知られ、強制収容の危機に立たされたからだ」という説が紹介された後に続く文。

KGBがソロヴィエフに強いたのは偽証ではない

ヌレエフ亡命時のソロヴィエフについて原著者メイエ=スタブレ(Meyer-Stabley)が信じることは、最初の文の冒頭"La vérité est que"(真実は次のとおりである)に続いて書かれる。この文は大きく分けると次のようになる。

ソロヴィエフがKGBに強制されたという記述
Soloviev fut bel et bien obligé par les hommes du KGB (ソロヴィエフはKGBの人間によってまさしく強制された)
ソロヴィエフが強制されてした行為
de fouiller les affaires de Rudolf pendant son absence (ルドルフの所持品を彼の不在中に探すことを)

文中のaffaireには「ものごと、事件」などいろいろな意味がある。新倉真由美はどうやら「一件」としたらしい。しかしここではヌレエフの不在中に探す対象なのだから、「所持品、身の回りの品」が最適。

行為の目的
pour tenter d'y découvrir quelque chose de compromettant (立場を危うくするものをそこで見つけようと試みるために)

見つけようとしているのは"quelque chose"(もの)。ヌレエフの所持品から見つけようとしているのだから、手に取ってKGBに見せることができる物品だろう。なぜか新倉真由美は「話」としているが。

新倉真由美はソロヴィエフがKGBに強制されたことを、その前の「ソロヴィエフがKGBにヌレエフの同性愛行為を告げた」だと思ったらしい。「言わされた虚偽の発言」や「急いで処理する」など、原文のどこから連想したのか想像がつかない。

ソロヴィエフは自分のスパイ行為をざんげした

取り上げたうち最後の部分"finit par avouer son indiscrétion à son partenaire."は短いが、新倉真由美と私の訳がいちいち合わない。少しずつ説明していく。

告白したのはソロヴィエフ

文の述語"finit par avouer"(ついに告白する)の主語は、その前の文"il ne trouva rien"(彼は何も見つけなかった)の主語と同じ、つまりil(彼)。新倉真由美はKGBの人間だと思ったらしいが、実際には次の理由からソロヴィエフだと分かる。

  • 実際に探したのはソロヴィエフなのだから、何も見つけなかったのもソロヴィエフ。
  • KGBの人間は先ほど"les hommes du KGB"という複数形で呼ばれた。直後の文で代名詞で呼ぶなら、複数形ils(彼ら)になるはず。

告白は自発的な行為

"finit par avouer"に使役文の要素はない。「告白した」は「告白させた」でも「告白させられた」でもない。この告白はソロヴィエフの自発的意思によると考えられる。

告白の内容は自分の無遠慮な行動

ソロヴィエフが告白したのは"son indiscrétion"(彼のindiscrétion)。indiscrétionには大きく分けて「口の軽さ」「無遠慮さ」という2つの意味がある。ソロヴィエフはKGBの命令でヌレエフの所持品を漁ったのだから、この場合は「無遠慮さ」がふさわしい。

パートナーは告白の相手

"à son partenaire"(彼のパートナーに)は告白された相手を指す。『Noureev』ではバレエのパートナーを指すことが多いpartenaireだが、ソロヴィエフがヌレエフとKGBの間で何をさせられたかを論じているこの個所で、バレエのパートナーが話題になるのは唐突過ぎる。この次の文でヌレエフが触れられており、そのヌレエフはソロヴィエフの行為を知っているらしいことから、ここでのパートナーとは相部屋だったヌレエフを指していると私は思う。

新倉真由美は"son indiscrétion à son partenaire"を「パートナーの口の軽さ」と解釈している。" à ~(名詞)"が「~の」という意味で直前の名詞を修飾することはあるので、文法的には新倉真由美のこの解釈を否定できないかもしれない。しかし、この文脈で「ついに彼はパートナーの口の軽さを告白した」は前後とつながらない。まして「パートナーの口の軽さを利用して告白させた」は原文から逸脱しすぎ。

参考 - ここで取り上げた文に続く文

引用部分の次の文はこれ。

原本『Noureev』:
Noureev ne prononcera jamais une parole contre Soloviev.
『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』:
ヌレエフはソロヴィエフに対し一言も発しなかった。

私ならここは「ヌレエフはソロヴィエフを責める言葉を決して口にしなかった。」にするところ。しかし新倉真由美の解釈が間違っていると断定するには至らない。あくまで、ソロヴィエフの告白がヌレエフに伝わっていたことをほのめかす文として、ここで引用した。

2014/2/16
大幅に書き換え
2017/11/29
大幅に書き換え
関連記事

コメント

非公開コメント