ヌレエフとロイヤル・バレエの共演は英国に限らない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.160:
マーゴットとの共演で一〇年間彼の生活は確定し、流動的なのはスケジュールだけだった。彼らはロイヤルバレエ団の公演に定期的に出演していたが、契約が中断している間には短期間でも頻繁に海外に遠征していた。
Telperion訳:
マーゴのおかげで、彼の生活はその後10年間固定され、細かな点だけが変化する。ロイヤル・バレエとともにロンドンでも海外ツアーの時でも定期的に姿を現し、その合間にもっと短期ではあるが頻繁な契約を他のカンパニーと結ぶのである。
原本『Noureev』:
Avec Margot, sa vie est fixée pour les dix années à venir et elle ne variera que dans le détail. Ce seront des apparitions régulières avec le Royal Ballet, tant à Londres que lors de tournées à l'étranger, entrecoupées d'engagements plus brefs mais fréquents avec d'autres compagnies.

1962年にロイヤル・バレエの看板スター、マーゴ・フォンテーンとの共演を成功させた後のヌレエフのダンサー活動について。

ロイヤル・バレエとの共演と他のバレエ団との契約の関係

ここでヌレエフとバレエ団の共演として触れられるのは次の2種類。

  1. des apparitions régulières avec le Royal Ballet (ロイヤル・バレエとの定期的な出現)
  2. engagements plus brefs mais fréquents avec d'autres compagnies (他のカンパニーとのさらに短いが頻繁な契約)

他のバレエ団との契約は"entrecoupées d'engagements"(契約によって中断される)という形で触れられる。entrecoupéに語尾esが付いていることから、中断されるのは複数形の女性名詞だと分かる。該当する女性名詞はapparitions。つまり、ロイヤル・バレエとの共演を他のバレエ団との契約が中断する。

新倉真由美は中断されるのが契約だと思ったらしい。でもentrecoupéesとengagementsの間には前置詞deが挟まっているので、entrecoupéesはengagementsを修飾しない。それにengagementsは複数形の男性名詞なので、entrecoupéがこれを修飾するなら語尾はesでなくsのはず。

ロイヤル・バレエとの共演は海外でもある

"tant à Londres que lors de tournées à l'étranger"はイディオム"tant A que B"(Aと同様にBも)の用例であり、「ロンドンでも外国でのツアー中でも」。これは前にあるロイヤル・バレエとの共演について述べている。ロンドンと外国ツアーはひとまとまりになっており、片方がロイヤル・バレエ、もう片方が他のバレエ団に振り分けられるのではない。実際、ヌレエフはロイヤル・バレエとともに海外にも遠征している(訳本P.146にあるニューヨーク公演など)。

「細部が変わる」と「スケジュールが流動的」は同じか

「細部だけが変わる」は"ne variera que dans le détail"の直訳。これを「流動的なのはスケジュールだけ」と言い換えるのには違和感を覚える。スケジュールが流動的な状態を「生活が確定し」と呼べるのかどうか。

主な更新

2014/3/6
主に「ロイヤル・バレエとの共演と他のバレエ団との契約の関係」の書き直し
関連記事

コメント

非公開コメント