談話の語り手も範囲も間違い

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.169:
その野性的で野良犬のような性格は頻繁に紙面をにぎわせた。
Telperion訳:
あるダンサーは、彼の人物の野性的で飼いならされない面を覚えている。
原本『Noureev』:
Un danseur se souvient du côté sauvage et indompté du personnage :

P.169から170にかけての「彼は怒り狂ってバレエシューズを放り投げ」で始まり、かぎ括弧で囲まれた長い談話の前置き。この前置きのせいで、談話は一見、当時の記事の引用に見える。

語り手はジャーナリストでない

  • 文の主語"Un danseur"(1人の男性ダンサー)は、不定冠詞unが付いているので、ヌレエフではなく匿名のダンサー。ヌレエフなら特定のダンサーなので、定冠詞leが付くはず。
  • 文の述語"se souvient"は「覚えている」。原著者メイエ=スタブレ(Meyer-Stabley)は談話を引用するとき、談話主を説明する文でこの動詞をよく使う。

つまりこの文は談話主の説明文で、「あるダンサーがこう語った」という意味。どこに載った談話なのかは分からない。死後出版された伝記に初めて載った可能性もあるわけで、当時の報道だと決めてかかることはできない。

新倉真由美訳の「頻繁に」は、souvientをsouvent(たびたび)と見間違えたと思われる。

原著者の叙述まで談話の一部にされる

原本によると、実はこのダンサーの談話は「ヌレエフがシューズを投げてあれこれ罵倒し、女性ダンサーたち(原文ではdanseuses)が身を隠していた」だけ。訳本だと「息をひそめて避難していた」で終わることになる。実際、一人のダンサーによる目撃談なのだから、このくらいの狭い範囲のほうが自然。

新倉真由美はダンサーの談話に続くメイエ=スタブレの叙述までも、かぎ括弧で囲んでしまった。つまり、全部が当時の報道にされている。しかし注意深く見ると、当時のマスコミの文にしては不自然な文が混ざっている。

  • 「怒りがぶちまけられ、騒動が起きた」といった抽象的な言い方。当時の報道なら具体的な事件に呼応するのだから、どういう騒動なのかをいちいち書くほうが自然。
  • タイトルをつけるジャーナリストたちの心境という、マスコミ自体への言及。

これらの文はもちろん、後から総括するメイエ=スタブレの視点で書かれている。

関連記事

コメント

非公開コメント