必ずしも人格者でないエリック・ブルーン

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.183:
私が知っているエリックは厳格な人でした。
Telperion訳:
1970年代の初めにエリックを知ったとき、彼は辛辣な人でした。
原本『Noureev』:
Erik était un homme amer quand je l'ai connu au début des années 1970.

往年のダンサー、ソニア・アロワが語るエリック・ブルーン。

当時のブルーンには攻撃性があった

amerの意味としては、次のものが挙げられる。いずれも、自らが苦い思いをするのでなく、周囲に苦さを味わわせる様子を表している。

  1. (味が)苦い
  2. (体験などが)つらい、苦しい
  3. (態度、性格などが)辛辣な、とげのある

ここでのamerはブルーンの性格を表すので、3番目の「辛辣な」。

アロワが語るブルーンには苦悩ととげがある

アロワが語るこの時期のブルーンは、他者に攻撃的なように見える。現にアロワはこの後「彼はルドルフの華々しい活躍に追い越されたと感じたのです」と続け、ヌレエフの時の人ぶりがブルーンの精神状態に悪影響を及ぼしたと語っている。

新倉真由美のブルーン像はストイックな求道者風

新倉真由美がamerにあてた訳語は「厳格な」で、ほめ言葉として普通に通用しそう。厳格な人が必ずしも他人に苦い思いをさせるとは言えず、amerの訳語としてはしっくり来ない。しかも新倉真由美は「彼は自分が過大評価されたと感じた」と続けているので(詳しくは上でリンクした記事を参照)、まるでブルーンが過大評価に浮かれない高潔な人間のように見える。

昔のブルーンはやさぐれていなかった

アロワが1961年から62年にかけてブルーンやヌレエフと仕事をしたのは、訳本P.136にあるとおり。当時はブルーンがすでにバレエ界で地位を確立していた一方、ヌレエフは亡命してからそう長くなく、フォンテーンとのパートナーシップで名をはせる前だった。アロワはこの時期と1970年代のブルーンを区別している。

主な更新

2014/1/28
原本と訳本の対比を強化
関連記事

コメント

非公開コメント