ロバート・トレイシーとの関係に固執したわけではない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.186:
ダンサーは信じがたい性的欲望のためそれを容認しなかったが、彼は“もはやセックスではなく優しさを”と告げた。
Telperion訳:
「優しいが、それよりセックスだ」と彼は告げた。それほどまでにダンサーの信じがたい性的乱交に反対だった。
原本『Noureev』:
« De la tendresse, mais plus de sexe », annonce-t-il, tant il désapprouve l'incroyable promiscuité sexuelle du danseur.

ヌレエフと長年の関係があったロバート・トレイシーが、性的関係をもう持たないことにしたという記述の直後。

容認しなかったのはトレイシー

tant(それほどまでに)の後の文は、「主語 + 述語 + 目的語」という至ってシンプルな構文。

  • 主語はil(彼)
  • 述語はdésapprouve(反対した)
  • 目的語は"l'incroyable promiscuité sexuelle du danseur"(ダンサーの信じがたい性的な混雑状態

前の文とのつながりから、彼とはトレイシー。ダンサーつまりヌレエフは、トレイシーに駄目出しされた側。

欲望の大きさより相手の多さが問題

仏和辞書にあるpromiscuitéの意味は「雑居状態、混雑」。この場合は不特定多数との関係を指すのだろう。トレイシーがエイズを恐れたことは出版本にあるとおりだが、性的欲望が激しくても、相手が特定の少数ならHIV感染のリスクは少ないのだから。

トレイシーからの非難

tendresse(優しさ)の前にある"de la"は非可算の女性名詞に付く部分冠詞で、特に訳出すべき意味はない。"plus de ~(無冠詞名詞)"は「より多くの~」で、ここでの比較対象は前にある「優しさ」だろう。「優しさよりセックスのほうが多い」はヌレエフへの不満の内容を指しているように思える。

更新履歴

2012/9/20
promiscuitéについての記述を中心に加筆
2014/2/2
小見出し導入を中心に書き換え
関連記事

コメント

非公開コメント