ミック・ジャガーの想像は赤面するほどのものではない

『ヌレエフ』P.179-180:
彼はその力強さと気品をほめそやし、ロシアの偉大なダンサーのタイツの中を想像したと認めざるを得なかった。
Telperion訳:
彼はもうその力強さと優雅さを賛美するのをやめず、ロシアの偉大なダンサーのシューズを履いた自分を想像することが何度もあると認める。
原本『Noureev』:
Il ne cesse plus de faire l'éloge de sa puissance et de sa grâce et reconnaît qu'il s'imagine souvent dans les chaussons du grand danseur russe.

ヌレエフの公演に感激したミック・ジャガーの様子。出典は原本の参考文献一覧にある『Jagger Unauthorized』(Christopher Andersen著)で、邦訳本『ミック・ジャガーの真実』(小沢瑞穂訳)もある。

想像したのは自分自身の姿

ジャガーがした"s'imaginer ~"は「~である自分を想像する」。「~」は状態を表す語句で、この場合は"dans les chaussons du grand danseur russe"(ロシアの偉大なダンサーのシューズの中に)。

新倉真由美の「タイツの中を想像した」という訳の原因は次の2点。

  1. 代名動詞s'imaginerを普通の他動詞imaginer(~を想像する)と読み違える
  2. "dans les chaussons"を「タイツ(本当はシューズ)の中」という名詞句として扱い、imaginerの目的語にしている

しかし、他動詞の目的語が前置詞(この場合はdans)で始まることは決してない。それに、s'が付くか付かないかで動詞の意味が変わることはよくあるので、s'をないがしろにはできない。

どういう自分を想像したのか

「シューズの中にいる」が文字通り中にいるのか、それともシューズを履いた状態のことなのかは、私には決めかねている。上では後者にしたが、前者の可能性も捨てられない。『ミック・ジャガーの真実』は前者にしていたと記憶している。

chaussons(シューズ)とcollants(タイツ)の見間違い

新倉真由美は他でも"La guerre en chaussons"を「タイツを履いた戦争」(P.260)としている。そちらは単にバレエ界の大物同志の争いを指す比喩なので、タイツでもシューズでも大した影響はない。しかしこの文でシューズをタイツに変えられると、とてもエロチックな印象になる。

更新履歴

2014/1/21
文法説明の簡略化を中心に大幅に書き換え
関連記事

コメント

非公開コメント