ヌレエフの談話が展示会関係者のものに

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.222:
彼は多くを要求し腹を立て、時に激怒しながら希望を叶えていました。私は議論や弁解や交渉はしませんでした。彼は悩むのが好きだったのです。私は話し合いで時間を失うのは耐えられずバレエを知っていると思いあがっていたのです。博学な人は大いに知識を活用すべきです。たとえ皆がそれを喜ばないとしても」
Telperion訳:
彼は要求し、どなりつけ、時にかっとなり、いつも希望を叶えていました」。「議論も正当化も交渉もごめんです」と彼は連呼するのが好きだった。「議論で時間を失うのには耐えられません。私にはバレエを知っているという自負があります。身に付いているのです。身に付いているとき、知識を適用するのをためらう必要はありません。それを喜ばない人もいます」
原本『Noureev』:
Il exigeait, tempêtait, s'emportait souvent, obtenait toujours ». « Je refuse d'arguer, de justifier, de négocier, se plaisait-il à marteler. Je ne supporte pas de perdre mon temps en discussions. J'ai la prétention de connaître la danse. Je sais. Et quand on sait, il ne faut pas hésiter à appliquer ses connaissances. Cela ne plaît pas à tout le monde. »

ヌレエフが舞台のために多くを要求したことを物語る談話。

談話の主は途中から別人になった

最初の談話は、舞台衣装展示会の関係者と思われるBérengère Vincent(訳本では「ベルジェール・ヴァンサン」だが、「ベランジェール・ヴァンサン」のほうが近い発音だと思う)のもの。この談話は"obtenait toujours."で終わる。

"Je refuse"以降は別の談話。2番目の談話の途中にある倒置文"se plaisait-il à marteler"は、談話の一部ではなく、発言者を説明する文。談話の中に「誰それはこう言った」という文を倒置文で書く手法は、『Noureev』でしょっちゅう出てくる。

2番目の談話の主はil(彼)としか言われていない。しかし、これほど強気な内容は、Bérengère Vincentよりヌレエフが言いそうなことに思える。それにBérengèreはどうやら女性名らしく、そうならilではありえない。

ヌレエフが好きなこと

2番目の談話の主が好きなことである動詞martelerの意味としては、「打つ」「連打する」「悩ませる」などがある。私は談話の主が発言内容をmartelerするのだと考え、「連打する」からの連想で「連呼する」にしてみた。しかし、原著者メイエ=スタブレ(Meyer-Stabley)は"il déconcerte, irrite, fascine."という文で暗黙のうちに他者一般を動詞の目的語としているので(この文の意味は「 「魅惑する」が「激怒する」に」を参照)、ここでもmartelerされるのは他者一般だと考え、「悩ませる」という解釈もありえる。ただし、自分が悩むのと人を悩ませるのはまったく違うことであり、「悩ませる」を「悩む」と言い換えることはできない。

2013/1/31
Bérengère Vincentの素性の推測を追加
2014/1/18
文の順序の入れ替え、小見出し追加を中心とした書き換え
関連記事

コメント

非公開コメント