伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(ベルトラン・メイエ=スタブレ著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(ベルトラン・メイエ=スタブレ著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

TOP > 私生活

追及したのはプライベートの楽しみ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.85:成功が大きくなっていくにつれ、ヌレエフはフランスの首都で彼独自のやり方で観客を扇動していけるように感じていた。 Telperion訳:成功が大きくなるにつれ、ますますヌレエフは自分独自の好みをフランスの首都で自由に追及できるように感じた。 原本『Noureev』:Plus le succès va crescendo, plus Noureev se sent libre de suivre ses propres inclinations dans la capitale fr...

... 続きを読む

コメント : (0)

ナンパ相手を襲おうとしているかのような印象操作

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.204:でもずたずたに引き裂こうとしている獲物に微笑みかける彼には、野獣のような魅力がありました」 Telperion訳:引き裂く前の獲物に微笑みかける野獣の魅力を彼から感じました」 原本『Noureev』:Je lui trouvais le charme du fauve qui sourit à sa poie avant de la déchiqueter. » イラ・フルステンベルクが語るところの、海岸で土地探しにいそしむヌレエフ。この土地探しを...

... 続きを読む

コメント : (0)

FBIは通報される側の機関

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.229-230:七二年にはなんの根拠もなくFBIの監視官が別の通報を行った。 Telperion訳:別な警報が原因で根拠もなく、FBIの監視は1972年に再開される。 原本『Noureev』:Une autre alerte, sans aucun fondement, relancera la surveillance du FBI en 1972. FBIがヌレエフにソ連のスパイという疑惑をかけたことについて。 原文は「主語 + 述語 + 目的語」という単純な文に、"sans ...

... 続きを読む

コメント : (0)

闘病の話題を切り出す文があいまいに

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.270:彼にとり一九八七年は特別な意味があった。 Telperion訳:しかし彼にとってこの1987年、残された時は少なかった。 原本『Noureev』:Mais pour lui, en cette année 1987, le temps est compté. ヌレエフのパリ・オペラ座バレエ監督としての成功をひとまず語り終えた後、ヌレエフのエイズ闘病について語り始めるための前置き。 "le temps est compté"の直訳は「時は数えられる...

... 続きを読む

コメント : (0)

エレーヌ邸はレストランの名前に見えない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.206:ニューヨークのエレーヌ邸 Telperion訳:ニューヨークのエレインズ 原本『Noureev』:Elaine's à New York ヌレエフがアーノルド・シュワルツェネッガー(訳本での表記は「アーノルド・シュワルツネッガー」)と会食した場所。 Elaine'sはかつてセレブが集ったレストランで、英語wikipediaに項ができたり、閉店がNew York Post紙など多くの新聞で記事になったりするほど有名だった...

... 続きを読む

コメント : (0)

FBIの捜査があったという証拠

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.228:情報の出所は不確かだったが、彼らが調査作成した一六〇ページに及ぶレポートは、詳細にわたり事実の信ぴょう性を保証している。 Telperion訳:この情報は現実離れしているように見えるかも知れないが、今後閲覧可能な160ページの報告書が、この逸話が真実であることを証明している。 原本『Noureev』:L'information peut paraître surréaliste, mais les cent soixante pages d'un...

... 続きを読む

コメント : (0)

写真から受ける印象と実際のずれ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.282:彼自身も激しく感動していたに違いない。しかし二六年間にわたり追放されていた神童の帰還…その場面はあまりに型どおりだったかもしれない。 Telperion訳:あまりに感動のこもった写真なので、彼もまた激しく心を動かされていると信じられた。29年間の追放、神童の帰還…。恐らくこの場面は明白に過ぎた。型どおり過ぎた。 原本『Noureev』:Une image tellement chargée d'émotion q...

... 続きを読む

コメント : (0)

FBIはヌレエフが部屋に入ったかを知りたい

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.229:FBIはヌレエフがロサンゼルスツァー(原文ママ)中にそのホテルに宿泊し、客とホモセクシュアルな関係をもったか調査を試みた。 Telperion訳:FBIはヌレエフがロサンゼルスのツアー中にそのホテルに宿泊したかどうかを知ろうとしたが徒労に終わり、その後、調査の対象は施設の客とありえた同性愛関係になる。 原本『Noureev』:Le FBI essaiera en vain de découvrir si Noureev a séj...

... 続きを読む

コメント : (0)

階段の上りより下りの方が介助が必要

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.304:帰るときは飛行機のタラップを上るのもままならず、一歩一歩ジュードが助けねばならなかった。 Telperion訳:帰りは飛行機のタラップを下りるのが一苦労だったので、シャルル・ジュドが一歩一歩助けなければならなかった。 原本『Noureev』:Au retour il descend si péniblement la passerelle de l'avion que Charles Jude doit l'aider marche après marche. 病を押してカリブ...

... 続きを読む

コメント : (0)

サン・バルテルミーの家は飾り立てられていない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.200:彼が踊り以外で好んでいたのは、のんびりと日光浴をしたり海で泳いだりすることだった。だから彼は人生の最後に島を買い、サン・バーセレミーの家を遊蕩好きにふさわしく飾り立てていたのだ。 Telperion訳:踊りの次に彼が人生で大きな情熱を注いだのは、ひなたぼっこをして海で泳ぐことだった。なぜ彼が人生の最後に島を買ったのかや、サン・バルテルミーの水辺にある家のおかげで...

... 続きを読む

コメント : (0)