クラシック音楽以外にも聴きほれた幼い頃

『ヌレエフ』P.20:ヌレエフにとって外の世界を知れたのはラジオだけだった。公人が亡くなると絶え間なく流れていたポピュラー音楽が中断され、ベートーベンやチャイコフスキーなどの曲が放送されたが、彼はそれに聴き入っていた。 Telperion訳:なぜならヌレエフにとって、もっと広い外界を表す唯一のものは家庭のラジオだったからだ。何時間でも耳を傾けていた。とりわけ幸せだったのは、公人が死去したために絶え間ないポピュラ...
全部読む

追及したのはプライベートの楽しみ

『ヌレエフ』P.85:成功が大きくなっていくにつれ、ヌレエフはフランスの首都で彼独自のやり方で観客を扇動していけるように感じていた。 Telperion訳:成功が大きくなるにつれ、ますますヌレエフは自分独自の好みをフランスの首都で自由に追及できるように感じた。 原本『Noureev』:Plus le succès va crescendo, plus Noureev se sent libre de suivre ses propres inclinations dans la capitale française. キーロフ・バレ...
全部読む

ナンパ相手を襲おうとしているかのような印象操作

『ヌレエフ』P.204:でもずたずたに引き裂こうとしている獲物に微笑みかける彼には、野獣のような魅力がありました」 Telperion訳:引き裂く前の獲物に微笑みかける野獣の魅力を彼から感じました」 原本『Noureev』:Je lui trouvais le charme du fauve qui sourit à sa poie avant de la déchiqueter. » イラ・フルステンベルクが語るところの、海岸で土地探しにいそしむヌレエフ。この土地探しを新倉真由美が愛人探しにしたこ...
全部読む

最後となったガルニエ宮からの退出

『ヌレエフ』P.307:棺は再びダンサーたちによって持ち上げられ、最後にガルニエ宮の入口まで達した。 Telperion訳:棺は再びダンサーたちに運ばれ、これを最後にガルニエ宮の敷居を越えた。 原本『Noureev』:Le cercueil, de nouveau porté par les danseurs, franchit pour la dernière fois le seuil du Palais Garnier. ガルニエ宮での葬儀が終わった後、埋葬のために墓地に向かうところ。 永遠の別離への感傷を呼び起こ...
全部読む

ソ連警察の敵意を原著者の見解と混同

『ヌレエフ』P.69:しかし公演のたびにヌレエフと外国人たちとの深い交友関係を記録している警察にエスコートされるのを渋々認めなければならなかった。 Telperion訳:だがこのような公演の一つに行くたびに、「ヌレエフが外国人との間で交わすこの異常な友好関係のすべて」を記録する警官に自分が護衛されていることに気づいた。 原本『Noureev』:Mais chaque fois qu'il se rend à l'une ces représentations, il constate qu'il...
全部読む

マッチョ好き説よりセレブ好き説を支持する原著者

『ヌレエフ』P.178:相手を物色するときに美学的な基準はなく、筋骨隆々の恋人たちを好んでいた。著名人に惹かれた一面を指摘する人もいる。彼の“征服した人びと”のリストにはキラ星のごとく輝かしい名前が連ねられている。 Telperion訳:「美しさは彼が性的な生活で求めた要素ではありませんでした。際立った美的基準はなく、筋肉質でたくましい恋人が好きでした」と友人の一人は語る。 それに反して、彼の恋人選びにおける有名人...
全部読む

残ったのは意図的

『ヌレエフ』P.166:帰り道、高地にある別荘に戻るため一群は道をよじ登っていました。ルドルフは夢中だったので、狙いをつけた少年と共に暗闇の中に取り残されてしまったのです。 Telperion訳:帰り道、一行が高い場所にある別荘に戻り、何百歩もよじ登った一方、ルドルフは桟橋にとどまりました。恐らく、欲しくてたまらない若者とともに暗闇の中に長居することを考えたのでしょう。 原本『Noureev』:Au retour, tandis que le g...
全部読む

いちゃついたのは一晩中でなくパーティの間

『ヌレエフ』P.166:ルドルフは一晩中招待客の一人と人目も憚らずいちゃついていました。 Telperion訳:しかしパーティの間中、ルドルフは客の1人と大っぴらにいちゃついていました。 原本『Noureev』:Mais toute la soirée Rudolf flirta ouvertement avec un invité. フランコ・ゼッフィレッリがヌレエフを含めた招待客の夕食をレストランで手配したときの目撃談。 「夜」でなく「パーティ」と解釈するべき理由 問題なのは...
全部読む

性欲を持て余したとは限らない

『ヌレエフ』P.186:常に肉体的な高揚感にブレーキをかけられず、その捕え難さに魅せられていたヌレエフは、すべてを放蕩に使い果たして性欲から健康を害し、燃え上がるような生命に許された時間は僅かと知りながら放埓な生活をやめられなかった。 Telperion訳:捕えられないものに常に引きつけられ、肉欲の勢いを決して抑制しようとせず、ヌレエフは放埓に過ごすのをやめず、先祖の官能すべてを放蕩に捧げ、性欲を健康的な行為とし...
全部読む

FBIは通報される側の機関

『ヌレエフ』P.229-230:七二年にはなんの根拠もなくFBIの監視官が別の通報を行った。 Telperion訳:別な警報が原因で根拠もなく、FBIの監視は1972年に再開される。 原本『Noureev』:Une autre alerte, sans aucun fondement, relancera la surveillance du FBI en 1972. FBIがヌレエフにソ連のスパイという疑惑をかけたことについて。 原文は「主語 + 述語 + 目的語」という単純な文に、"sans aucun fondement"(何の根拠も...
全部読む