『バッキンガム宮殿の日常生活』の訳文の問題一覧

『バッキンガム宮殿の日常生活』(新倉真由美訳、文園社)を原本『Buckingham Palace sous Elisabeth II』(Bertrand Meyer-Stabley著、Hachette Littératures)と照合した結果見つかった、訳本と原本で内容が異なる個所の一覧を下に載せます。誤訳一覧と呼んでも構いません。ただし、誤解を招く可能性が高い、印刷段階での誤植の可能性もあるなど、厳密には誤訳でないかも知れない個所も、この一覧に含まれる可能性があります。...
全部読む

『ヌレエフとの密なる時』の訳文の問題一覧

『ヌレエフとの密なる時』カテゴリの記事が予想より増えてきたので、『ヌレエフ』と同じく、訳本出現順の一覧を作ることにしました。 以下の一覧は、原本『Temps Liés avec Noureev』(ローラン・プティ著、Grasset)と訳本『ヌレエフとの密なる時』(新倉真由美訳、新風舎)で内容が異なる個所の一覧です。だいたいは翻訳ミスか、誤解を招く省略です。ただし、『ヌレエフ』なら「誤解を招きやすい」カテゴリに入れるような、誤解を招...
全部読む

『ヌレエフ』第1~7章の間違い一覧: フォンテーンと出会うまで

以下の一覧は、原本『Noureev』(Bertrand Meyer-Stabley著、Éditions Payot & Rivages)の内容が訳本『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(新倉真由美訳、文園社)で変わってしまった個所の一覧です。これ以外の一覧は以下のとおり。 『ヌレエフ』第8~14章の間違い一覧: 様々な側面 『ヌレエフ』第15~17章の間違い一覧: 監督就任以降 だいたいは翻訳ミスですが、原本の内容をゆがめるような省略、誤植の可能性があるも...
全部読む

『ヌレエフ』第8~14章の間違い一覧: 様々な側面

以下の一覧は、原本『Noureev』(Bertrand Meyer-Stabley著、Éditions Payot & Rivages)の内容が訳本『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(新倉真由美訳、文園社)で変わってしまった個所の一覧です。これ以外の一覧は以下のとおり。 『ヌレエフ』第1~7章の間違い一覧: フォンテーンと出会うまで 『ヌレエフ』第15~17章の間違い一覧: 監督就任以降...
全部読む

『ヌレエフ』第15~17章の間違い一覧: 監督就任以降

以下の一覧は、原本『Noureev』(Bertrand Meyer-Stabley著、Éditions Payot & Rivages)の内容が訳本『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(新倉真由美訳、文園社)で変わってしまった個所の一覧です。これ以外の一覧は以下のとおり。 『ヌレエフ』第1~7章の間違い一覧: フォンテーンと出会うまで 『ヌレエフ』第8~14章の間違い一覧: 様々な側面...
全部読む