伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(ベルトラン・メイエ=スタブレ著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(ベルトラン・メイエ=スタブレ著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

TOP > ダンサーとしてのヌレエフ

自分への絶賛を一人による発言だと明記する節度

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.85:初日を観たフランスの批評家たちは大挙して劇場に舞い戻って来ました。団員の一人がスプートニクにも値する出来栄えだったからです」 Telperion訳:初日に出席したフランスの批評家は全員大挙してまた現れ、このとき批評家の1人が私をスプートニクと呼んだ」 原本『Noureev』:Les critiques français qui assistaient à la première étaient tous revenues en force et c'est alors ...

... 続きを読む

コメント : (0)

ヌレエフの調子を整えるのは古典バレエ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.221:彼はクラシックの役とモダンバレエを巧みにミックスする術を心得ていた。「医者に行くようなものです」彼は意味ありげに皮肉って言った。 Telperion訳:彼は明白な戦略的な感覚を用い、古典の役(当人は「医者に行くのと同じです」と皮肉る)とモダン・バレエを調合することができた。 原本『Noureev』:Il sait doser les rôles classiques – « C'est comme aller chez le méde...

... 続きを読む

コメント : (0)

ヌレエフの寄与を惜しみなく認めるフォンテーン

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.209:彼はなすべきすべてをしているように見えました。 Telperion訳:すべてを彼に負っているという印象です。 原本『Noureev』:J'ai l'impression de tout lui devoir. 踊りのパートナーとしてのヌレエフについて語るフォンテーン。「彼は私が望むように踊らせる、私自身の最大限を与える」といったことを語った後に続く。 構文解析は単純 直訳は「私はすべてを彼に負うという印象...

... 続きを読む

コメント : (0)

半分恋するのは踊りのため

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.144:彼女はコレット・クラークに「まるでルドルフに恋しているみたい」と打ち明けている。 Telperion訳:彼女はコレット・クラークに打ち明けてすらいる。ルドルフと踊るには、そうするのと同じように「彼に半分恋する」ことが必要だと。 原本『Noureev』:Elle confie même à Colette Clark qu'il faut qu'elle soit « à moitié amoureuse de Rudolf » pour danser avec lui aussi bien...

... 続きを読む

コメント : (0)

亡命後すぐスーパースターになったのではない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.120:彼はスーパースター、ヌレエフにいくつかの特徴を見出した。「彼はその肉体、顔、尊大さ、優雅さに特徴があり、的確に演じる術(すべ)を心得ていました」 Telperion訳:デザイナーの導き手はルドルフの「スーパースター」らしさを認めることになる。「彼にはそういう容姿、顔、傲慢さ、優雅さがあり、それを的確に操ることができました」 原本『Noureev』:Le mentor du couturier re...

... 続きを読む

コメント : (0)

ワガノワ時代の苦労は小さくはない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.50:私は苦痛の限界にいたわけではありません Telperion訳:私の苦痛には終わりがなかった。 原本『Noureev』:Je n'étais pas au bout de mes peines, ヌレエフがワガノワ・アカデミーで周囲に反発されたことを述懐する自伝の引用の始まり。 boutは「端、果て」という意味で、それを使ったイディオム"au bout de ~"は「~の果てに、~の終わりに」。これを当てはめるとヌレエフの言...

... 続きを読む

コメント : (0)

原本のほうが理があるヌレエフの憤激

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.59:その電報によれば彼はもはやキーロフの一員ではなく、返金のためバシキール共和国のウーファオペラ座にダンサーとして入団しなければならなかった。オペラ座は彼の研修中経済的な援助を行っていたからだ。 Telperion訳:彼はもはやキーロフのバレエ団の一員ではなく、ウーファのオペラ座にダンサーとして入団しなければならない。学業中に受けた金銭的援助をバシキール共和国に返済す...

... 続きを読む

コメント : (0)

最初のバレエ教師は民族舞踊を教えていない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.29:ウダリツォーヴァは彼にホパックやレジンカなどさまざまな民族舞踊の動きを練習するように言い、彼はそれらを完璧に言われるがままに踊った。 Telperion訳:ウデルツォーワは彼に、ゴパックやレスギンカ、完璧に知っているさまざまな民族舞踊のステップを実演するよう求めた。彼は従い、 原本『Noureev』:Oudeltsova lui demande d'exécuter une gopak, une lesguinka et divers pas...

... 続きを読む

コメント : (0)

舞台では自分が一番

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.162:過小評価する人たちに対しては躊躇せず怒りをぶつけた。 Telperion訳:自分を十分よく見せない者たちにはためらわず怒りを覚えた。 原本『Noureev』:il ne se prive pas de s'emporter contre ceux qui ne le mettent pas assez en valeur. ヌレエフの「自分が舞台に登場するときは注目を集めなければならない」という熱弁が引用されるすぐ前の文。 原文にある"mettre ~ en va...

... 続きを読む

コメント : (0)

ロイヤル・バレエのスターはそしられていない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.245:ヌレエフは世界で最も美しいバレエ団の芸術監督という特権的な肩書にアプローチしようとした。そのバレエ団のプリマバレリーナはもはや輝きを放っていなかったが。しかし彼は落とされた。 Telperion訳:ついにヌレエフは世界で最も美しいバレエ団の芸術監督という至高の称号を手にすることを考えた。彼の幸運の星はもう同じくらい強く輝きはしなかった。彼は落とされた。 原本『Nou...

... 続きを読む

コメント : (0)