居住しない国でこそ亡命を申請できる

『ヌレエフ』P.97:ジュネーヴ協定ではすべての外国人は居住する国における保護権を要求できる Telperion訳:ジュネーブ条約の規定によると、すべての外国人は滞在する国で保護の権利を申請できる 原本『Noureev』:La convention de Genève prévoit que tout étranger peut demander le droit d'asile dans le pays où il se trouve, フランスからソ連に送還されかかったヌレエフを救うために友人クララ・サンが思い出したと書...
全部読む

実在しないキーロフ市

『ヌレエフ』P.72:特にキーロフ市内では他の地域以上にお互い監督し合うよう奨励されていた。ルドルフは格好な標的のひとりであり続けたのだ。 Telperion訳:キーロフでは他の場所よりも、人々が互いに監視しあうように仕向ける体制だった。それゆえ、ルドルフは申し分ない標的になった。 原本『Noureev』:Au Kirov encore plus qu'ailleurs, le système encourage les gens à se surveiller les uns les autres. Rudolf constitu...
全部読む

強大なのは省でなく大臣

『ヌレエフ』P.77:強大な権力を持つ文化省同様、マスメディアで力を発揮していたのはエカテリーナ・フルツエヴァだった。 Telperion訳:全能の文化大臣であると同様、エカテリーナ・フルツェワはメディアに露出していた。 原本『Noureev』: Tout comme la toute-puissante ministre de la Culture, la médiatique Ekaterina Fourtseva. ヌレエフがキーロフ・バレエの欧米ツアーに加わった当時のソ連当局について。 ministreは...
全部読む

プティ・ラットはまだバレエ団員ではない

『ヌレエフ』P.252:しかし登場するや新しいボスはトラブルも怒りも不平不満もなくコールド、コリフェ、カドリーユ、プルミエ・ダンスーズ、そしてエトワールに仕事を戻した。*3 Telperion訳:しかし舞台に登場した途端、新しい「ボス」はバレエ学校の生徒、コリフェ、カドリーユ、プルミエ・ダンスール、そしてエトワールを仕事に戻した。騒ぎもなく、怒りもなく、扉が手荒く閉められる誰かが出て行くこともなかった…。 原本『Nou...
全部読む

étoileは女性とは限らない

『ヌレエフ』P.43:巨匠の周りには権威ある輝かしいダンサーが名を連ねていた。プリマバレリーナには、ソコロヴァ、ニキティナ、トレフィローヴァ、クシェシンスカ、プレオブラジェンスカ、ゲルトなどがいた。 Telperion訳:主の周りには舞踏史上最もそうそうたる一団の1つ、本質的にロシアの一団が作られた。そのスターたちの名を挙げると、ソコロワ、ニキティナ、トレフィロワ、クシェシンスカヤ、プレオブラジェンスカヤ、ゲルト...
全部読む

指示は指揮者の腕の見せ所

『ヌレエフ』P.299:指揮は単に拍子をとったり指示するだけでなく、演奏に彼個人の色をもたらす。 Telperion訳:指揮とは拍子を取ってスタートを切るだけではなく、演奏に独自の色をもたらすことでもあり、 原本『Noureev』:Diriger, ce n'est pas seulement battre la mesure et donner les départs mais c'est aussi apporter sa couleur personnelle à une interprétation, 指揮者の活動を始めたヌレエフへのジェラール・マ...
全部読む

男性から女性のものになったバレエ

『ヌレエフ』P.161:本来バレエは男性だけのものだったが、ルイ十四世の治世下で宮廷は女性を求め、マリー・タリオニはロマン主義のプリマバレリーナとして成功を収めた。 Telperion訳:バレエは初め男性だけのものだった。ルイ14世のもとで、宮廷から都市に移行するとき、バレエは女性に訴えかけ、ロマン時代にマリー・タリオーニによってプリマ・バレリーナが勝利した。 原本『Noureev』:Le ballet, à l'origine, était exclusiv...
全部読む

ヴァレンティノの低身長を皮肉る原著者

『ヌレエフ』P.238:彼は小柄だったがそのビロードのような瞳や後光はそれを忘れさせ、何十万ものラテン人の愛人として君臨していた。 Telperion訳:そのビロードのような目、ラテンの恋人のオーラは、何百万人もの女に自分たちの神が小男に過ぎないということを忘れさせていた。 原本『Noureev』:Son œil de velours, son auréole d'amant latin avaient fait oublier à des millions de femmes que leur dieu n'était qu'un nabo...
全部読む

チュリンジーンズでは有名な都市の名だと分からない

『ヌレエフ』P.136:巡業の最終公演はイタリアで行われた。チュリンジーンズもボローニャも彼はほとんど楽しめなかった。 Telperion訳:この団と共に行く最後の目的地はイタリアになる。トリノ、ジェノヴァ、ボローニャである。あまり楽しくなかった。 原本『Noureev』:L'Italie sera sa dernière destination avec cette troupe : Turin, Gênes, Bologne. Cela ne l'amuse guère. 亡命から間もないころ、ヌレエフとクエヴァス...
全部読む

内心屈服しないソ連の芸術家の多さ

『ヌレエフ』P.77:仮にルドルフがソヴィエトの芸術家らしく振舞ったとしても、その精神は屈服せず忠誠心も見せかけにしか映らないからだ。 Telperion訳:ソ連の芸術家になじみの慣習、すなわち「屈すれど譲らず」をルドルフがどうにかこうにか守っても、その忠誠心はあまりに見せかけのように見えたからだ。 原本『Noureev』:Car si Rudolf joue tant bien que mal le jeu habituel des artistes soviétiques ― plier mais ne pas...
全部読む