伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(ベルトラン・メイエ=スタブレ著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(ベルトラン・メイエ=スタブレ著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

TOP > ヌレエフのこと

ニューヨークで初めての公演

『ヌレエフとの密なる時』P.19:マーゴ・フォンテーンとルドルフ・ヌレエフのカップルが、ブロードウェイの古いメトロポリタン劇場で『ジゼル』を初演した時のことは今も忘れがたい (注3)。 Telperion訳:ブロードウェイの古いメトロポリタンの舞台で初めてジゼルを踊るフォンテーンとヌレエフのカップルは忘れられない。 原本『Temps Liés avec Noureev』:le couple Fonteyn-Noureev dansant Gisèle pour la première fois sur la...

... 続きを読む

コメント : (0)

困難がない生き方と困難を無視しない生き方

『ヌレエフとの密なる時』P.58:そうやってヌレエフは何事もおざなりにすることなく生活し、アスリートの人生には必要とされる、大きな困難も名声に執着する憂鬱もなかった。 Telperion訳:アスリートの生に不可欠な大きな困難も、栄光を育むことの倦怠も、何ごとも無視せずにこうして生き、原本『Temps Liés avec Noureev』:Vivre ainsi en ne négligeant rien, ni les grandes difficultés qu'exigeait sa vie d'athlète, ni l'en...

... 続きを読む

コメント : (0)

指揮者転向の足掛かりに適したバレエ伴奏

『ヌレエフとの密なる時』P.94:また彼はクラシックバレエのレパートリーを演奏するオーケストラの指揮も行った。 Telperion訳:彼はクラシック・レパートリーのバレエの伴奏をするオーケストラの指揮もした。 原本『Temps Liés avec Noureev』:Il dirigeait aussi des orchestres qui accompagnaient des ballets du répertoire classique, 現役ダンサーであり続けるのが難しくなったヌレエフが指揮に挑戦したことについて。 ...

... 続きを読む

コメント : (0)

ヌレエフの動揺を答えとする疑問

『ヌレエフとの密なる時』P.90-91:医者が落ち着き払った穏やかな声で、非常に慎重に採血した君の血清の検査結果をプラスであると告げた時、一体何をすべきであったのだろう。 Telperion訳:とても注意を払いながら落ち着いた物静かな声で、君に血液検査の結果を伝えに来た医者が、君がHIV陽性だと告げた時、その影響はどれほどだったに違いないだろうか。 原本『Temps Liés avec Noureev』:Quel effet cela doit-il faire lorsque...

... 続きを読む

コメント : (0)

消えた創造者と創造物のたとえ

『ヌレエフとの密なる時』P.57-58:ピニョティはフランケンシュタイン博士のように彼を支え、ダンサー特有の問題を克服し調子を上げるのをサポートしていた鎧から、ようやくその肉体を解放した。 Telperion訳:彼を支え、異常に興奮したリズムで踊ることの困難を彼が克服するのを助ける鎧から、フランケンシュタイン博士のようなピニョティは自らの創造物をとうとう解放する。 原本『Temps Liés avec Noureev』:Pignoti tel le doc...

... 続きを読む

コメント : (0)

マッサージを受けるのは本番直後

『ヌレエフとの密なる時』P.56:疲労困憊で劇場を後にしたヌレエフを、彼に魅せられたマッサージ師のルイジ・ピニョティが待っていた。彼は稽古着とタイツを脱がせると、すぐ肩の上にガウンを投げかけた。ヌレエフはそれを羽織りタオルで顔を拭くと、疲れ切った体をマッサージ用のテーブルの上に横たえた。 Telperion訳:ヌレエフは疲れ果てて舞台を出る。ひいきにしているマッサージ師のルイジ・ピニョティが待っており、数秒で胴...

... 続きを読む

コメント : (0)

独立宣言を聞いて内心は逆だと感じたプティ

『ヌレエフとの密なる時』P.54:ある日ヌレエフはマーゴのことを「僕は彼女と永遠に踊っていくつもりはない。僕は自立すべきだし、さもなければ彼女が年を重ねていった時、僕はいったい何をしていけばよいのだろう」と言った。彼はいかなる束縛も望んでいなかったが、その神々しいばかりのパートナーには非常に強く惹かれていた。 Telperion訳:ルドルフ曰く、「彼女といつまでも踊りはしない。独立しなければならない、そうしなけ...

... 続きを読む

コメント : (0)

狙った相手を魅了するヌレエフの手腕

『ヌレエフとの密なる時』P.18:際立っているところはひとつもないが、一度興味を抱くと、人々はひと目で虜になってしまう。その視線は、「あなたを好きになりそうなんだけど、仲良くしていけるかな?」とでも語っているようである。 Telperion訳:並外れたものは何もなく、それでいて彼から興味を持たれると、一目視線を浴びれば、物問いたげなその視線に征服されるのだ。「気に入りましたよ、分かり合えるでしょうか」と言ってく...

... 続きを読む

コメント : (0)

ヌレエフがかもし出す近寄りがたい雰囲気

『ヌレエフとの密なる時』P.26-27:彼と出会った人々は、振り返ってみるものの、あえて近づいて見つめたり賛辞を浴びせたりすることはしなかった。このスーパースターは、映画好きな人々の間でよく知られている、スフィンクス(グレタ・ガルボのこと)のように虚ろな目をし、神秘的で尊大な雰囲気を醸し出していた。 Telperion訳:彼の通り道にいる人々は振り返った。そして、もっと近くで見たりサインを求めたりするために思い切って...

... 続きを読む

コメント : (0)

ヌレエフの訪問先を間違えたのは同行者でなくプティ

『ヌレエフとの密なる時』P.85:彼は家族との再会や子供時代を過ごしたキーロフ劇場の訪問に深く感動したとのことだった。 Telperion訳:彼は家族と再会し、少年時代の劇場であるキーロフを再訪して、とても心を動かされた。 原本『Temps Liés avec Noureev』:Il est très ému de retrouver sa famille, de revoir le Kirov, le théâtre de son enfance. 1987年にヌレエフが故郷ウーファにいる家族に会うため、ソ連に一時帰国...

... 続きを読む

コメント : (0)