チャンスをつかんだのは仮定でなく事実

『ヌレエフ』P.89:もし一度でもチャンスがあったら私は飛びついてつかんだでしょう。 Telperion訳:機会が生じたらすかさずつかみ取る、それだけです。 原本『Noureev』:Si une occasion se présente, je la saisis au vol, c'est tout. 1991年6月17日のフィガロ紙のインタビューで「逃亡(亡命)する決心を前からしていたのか」という問いをヌレエフが否定し、「一人では決められなかったでしょうし、勇気もなかった」の後にこ...
全部読む

イヨネスコはバレエ関係者でなく劇作家

『ヌレエフ』P.292:また「ヌレエフ後援会」の後押しで、イヨネスコ、ショヴレ、ドミンゴ等数多くの芸術家たちによる請願書がブレジネフ首相のもとに送らせた(原文ママ)。 Telperion訳:「ヌレエフ後援委員会」の旗振りで別の嘆願書がレオニード・ブレジネフに送られた。この嘆願書は、フランスではウジェーヌ・イヨネスコ、クロード・ロワ、イヴェット・ショヴィレ、シュザンヌ・フロン、ピエール・ブーレーズ、レスリー・キャロン...
全部読む

初日を踊るのは第一線で踊るより重い

『ヌレエフ』P.255:芸術監督であり振付家、運営者、教師でもあったルドルフが第一線で踊りたいと言い出したときだった。 Telperion訳:すでに芸術監督、振付家、管理人、そして教師だったルドルフが、すべての初日も踊りたいと心に決めたときだった。 原本『Noureev』:lorsque Rudolf, déjà directeur artistique, chorégraphe, administrateur et eiseignant, se met en tête de vouloir danser aussi toutes les premières. ...
全部読む

ダンサーだったのはヌレエフでなくケン・ラッセル

『ヌレエフ』P.232:しかし結局彼はこのイギリス人監督が映画“イサドラ”を製作したことと彼自身がダンサーだったのを考慮しその申し出を受けた。 Telperion訳:しかし、このイギリス人がもう監督していた「イサドラ」、そしてラッセルがかつてダンサーだったことを考え、ついに引き受けた。 原本『Noureev』:Mais il finit par dire oui, en songeant à I'Isadora déjà réalisée par l'Anglais et au fait que Russell a été danse...
全部読む

ベジャールが昇進させたいのは主にエリック・ヴュ=アン

改訂記事の案内 この記事は原文の範囲を広げたエリック・ヴュ=アンを昇進させやすくするためのルグリ昇進として書き直したので、そちらを読むのをお勧めします。 以下本文 『ヌレエフ』P.260:ベジャールによれば彼はバレエの責任者とオペラ座の最高顧問アンドレ・ラリックに、何度もエトワール指名について提案を行っていた。 Telperion訳:ベジャールの説によると、この振付家はバレエの管理担当者とオペラ座理事長アンドレ...
全部読む

棺を運んだ6人を愛したのは

『ヌレエフ』P.308:恐らくオペラ座で最も愛されたダンサーたち六名。 Telperion訳:恐らく彼がオペラ座で最も好いていた男性ダンサー6人。 原本『Noureev』:Sans doute les six danseurs qu'il aimait le plus à l'Opéra. 前置き 訳本でのこの部分の不明瞭さについて、以前メールで問い合わせをいただきました。絶対に誤解すると言い切れない個所も取り上げようと私が決めたのは、そのメールに後押しされたことが大きいです。...
全部読む

キーロフで最初に踊った「白鳥の湖」はパ・ド・トロワ

『ヌレエフ』P.64:一九五八年九月二五日、ルドルフ・ヌレエフはキーロフ劇場でニーナ・ヤスロレボヴァ(原文ママ)、ガリーナ・イワノワと“白鳥の湖”を踊ってデビューした。 Telperion訳:1958年9月25日、ルドルフ・ヌレエフはキーロフでデビューし、ニーナ・ヤストレボワ、ガリーナ・イワノワと「白鳥の湖」のパ・ド・トロワを踊った。 原本『Noureev』:Le 25 septembre 1958, Rudolf Noureev fait ses débuts au Kirov en dansant...
全部読む

エレーヌ邸はレストラン

『ヌレエフ』P.206:ニューヨークのエレーヌ邸 Telperion訳:ニューヨークのエレインズ 原本『Noureev』:Elaine's à New York ヌレエフがアーノルド・シュワルツェネッガー(訳本での表記は「アーノルド・シュワルツネッガー」)と会食した場所。Elaine'sはかつてセレブが集ったレストランで、英語wikipediaに項ができたり、閉店がNew York Times紙の地域面記事になったりするほど有名だった。 店名の由来はオーナー、エレイン・...
全部読む

ゴーリンスキー逝去はヌレエフより前

『ヌレエフ』P.191:一九六二年、ヌレエフは有名なサンドル・ゴリンスキーというエージェンシーに入り、最期までスケジュールの管理を任せた。 Telperion訳:1962年、ヌレエフはサンドル・ゴーリンスキーの名高い代理店に入り、ゴーリンスキーは1990年に死去するまで、名人の腕をふるって彼のキャリアを管理する。 原本『Noureev』:En 1962, Noureev entre dans la célèbre agence de Sandor Gorlinsky, qui gérera de main de maî...
全部読む

発言者はルディエールでなくヌレエフ

『ヌレエフ』P.268-269:常に完璧を目指すプロのダンサーたちは彼の威厳に圧倒され、専制的な権力を持つ巨人に魅せられ憧憬の思いを育んでいった。実際彼の信念には反論できなかった。 「ダンサーたちは自分自身から抜け出して、比類ないほど極端に突き進んでいくしかないのです」 モニク・ルディエールは言った。 「彼は人格というよりむしろ才能によって突き動かされていました。 Telperion訳:彼の権威は常に完璧を探し求める...
全部読む