伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(ベルトラン・メイエ=スタブレ著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(ベルトラン・メイエ=スタブレ著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

TOP > ダンサーとしての活動

ヌレエフの調子を整えるのは古典バレエ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.221:彼はクラシックの役とモダンバレエを巧みにミックスする術を心得ていた。「医者に行くようなものです」彼は意味ありげに皮肉って言った。 Telperion訳:彼は明白な戦略的な感覚を用い、古典の役(当人は「医者に行くのと同じです」と皮肉る)とモダン・バレエを調合することができた。 原本『Noureev』:Il sait doser les rôles classiques – « C'est comme aller chez le méde...

... 続きを読む

コメント : (0)

ロイヤル・バレエのスターはそしられていない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.245:ヌレエフは世界で最も美しいバレエ団の芸術監督という特権的な肩書にアプローチしようとした。そのバレエ団のプリマバレリーナはもはや輝きを放っていなかったが。しかし彼は落とされた。 Telperion訳:ついにヌレエフは世界で最も美しいバレエ団の芸術監督という至高の称号を手にすることを考えた。彼の幸運の星はもう同じくらい強く輝きはしなかった。彼は落とされた。 原本『Nou...

... 続きを読む

コメント : (0)

観客が踊りに立ち入らないのは当たり前

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.170:観客は私が行っていることに立ち入れないのです。舞台上では感情を内面化し自分自身に集中しなくてはなりません。 Telperion訳:私が感じることは内面化され、私自身の中に凝集され、観客はそこに入ってこないのです。 原本『Noureev』:le public ne pénètre pas dans ce que j'éprouve, qui est intériorisé, ramassé en moi-même. 1978年11月27日のパリ・マッチ誌に載ったヌレ...

... 続きを読む

コメント : (0)

キーロフで最初に踊った「白鳥の湖」はパ・ド・トロワ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.64:一九五八年九月二五日、ルドルフ・ヌレエフはキーロフ劇場でニーナ・ヤスロレボヴァ(原文ママ)、ガリーナ・イワノワと“白鳥の湖”を踊ってデビューした。 Telperion訳:1958年9月25日、ルドルフ・ヌレエフはキーロフでデビューし、ニーナ・ヤストレボワ、ガリーナ・イワノワと「白鳥の湖」のパ・ド・トロワを踊った。 原本『Noureev』:Le 25 septembre 1958, Rudolf Noureev fait ses...

... 続きを読む

コメント : (0)

1990年代終盤はすでにヌレエフ逝去後

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.295:一九九〇年代終盤から翌年にかけは(原文ママ)公演数を増やし、 Telperion訳:1990年末とさらにその翌年まで公演を重ね、 原本『Noureev』:Jusqu'à la fin de l'année 1990 et l'année suivante encore, il multiplie les représentations, ダンサー歴末期の年代 ヌレエフは1992年にダンサーとして最後の舞台に立ち、1993年に世を去った。「一九九〇年代終盤から翌年にかけ」て...

... 続きを読む

コメント : (0)

チュリンジーンズでは有名な都市の名だと分からない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.136:巡業の最終公演はイタリアで行われた。チュリンジーンズもボローニャも彼はほとんど楽しめなかった。 Telperion訳:この団と共に行く最後の目的地はイタリアになる。トリノ、ジェノヴァ、ボローニャである。あまり楽しくなかった。 原本『Noureev』:L'Italie sera sa dernière destination avec cette troupe : Turin, Gênes, Bologne. Cela ne l'amuse guère. 亡命から間もない...

... 続きを読む

コメント : (0)

筋肉の衰えは勇気でなく疲労の原因

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.296:「一体どうやって彼はあらゆる治療に耐える勇気を奮い起こし、毎晩偉大なダンサーの役を演じ続けたのでしょう。なぜなら彼は憔悴しきっており、すでに衰え破壊されつつある筋肉はもはや彼を救えなかったからです。毎日少しずつ彼がロボットに変わっていくようでした」 Telperion訳:「これらの試練すべてに耐え、偉大なダンサーの役を毎晩演じ続け、自分が毎日少しずつロボットに変...

... 続きを読む

コメント : (2)

プログラム作りの苦労は負傷の原因とはいえない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.136-137:しかし公演のたびに四人のダンサーのためにプログラムを構成するのは次第につらくなり、案の定千秋楽の夜に事件が起こった。 Telperion訳:4人のダンサーにとって公演全部のプログラムを組むのはすでにつらかったが、そこに最後の夜に災難が起こった。 原本『Noureev』:Il est déjà dur pour quatre danseurs de composer le programme de toute une soirée, mais voilà que la...

... 続きを読む

コメント : (0)

マリア・カラスとの比喩はヌレエフの弁明

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.245: 完璧でないという点ではよくマリア・カラスと比較される。彼女はよく間違えて歌うことがあったが、ドラマチックな役への集中度によって人びとの関心を集めた。 Telperion訳:自分の不完全さを自覚して、彼は自分をマリア・カラスにたとえた。カラスは時折調子はずれに歌ったが、劇的な演技の強烈さで聴衆の注意をいやでも引きつけた。 原本『Noureev』:Conscient de ses imperfect...

... 続きを読む

コメント : (0)

「ゼンツァーノの花祭り」は急な登板だった

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.138:彼は最も純粋なブルノンヴィルの伝統的作品“ゼンツァーノの花祭り”のパドドゥーを初めて踊る予定だった。 Telperion訳:これを彼は行い、こうして最も純粋な「ブルノンヴィル」の伝統の「ゼンツァーノの花祭り」のパ・ド・ドゥーを初めて演じたのだった。 原本『Noureev』:ce qu'il fait, exécutant ainsi pour la première fois le pas de deux de Fête des fleurs à Genzano dans...

... 続きを読む

コメント : (0)