逃れたという事実が思い込みのような扱い

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.181-182: 「僕はこの奇妙なサンドイッチ状態から解放され、悪ふざけから逃れたと思っていました」しかし彼らは真剣に彼を誘惑していたのだ。 Telperion訳:リヴェラは「この奇妙な挟み撃ちからできる限り逃れ、冗談で切り抜けた」と思い起こす。しかし彼は、冗談は別にして、2人が本気で誘惑しようとしたと今も信じている。 原本『Noureev』:Rivera se souvient qu'il « s'est dégagé c...
全部読む

ミック・ジャガーの想像は赤面するほどのものではない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.179-180:彼はその力強さと気品をほめそやし、ロシアの偉大なダンサーのタイツの中を想像したと認めざるを得なかった。 Telperion訳:彼はもうその力強さと優雅さを賛美するのをやめず、ロシアの偉大なダンサーのシューズを履いた自分を想像することが何度もあると認める。 原本『Noureev』:Il ne cesse plus de faire l'éloge de sa puissance et de sa grâce et reconnaît qu'il s'ima...
全部読む

ジェラルド・リヴェラの夢想が実体験のような扱い

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.182:「もし私がホモセクシュアルな関係を持ったとしたら、それはその夜拒んだのにも拘らず、ルドルフ・ヌレエフとミック・ジャガーと行われたことでした」 Telperion訳:しかし彼は拒否したにもかかわらず認める。「もし私がホモセクシャルな体験をしなければならなかったのなら、それはこの夜ルドルフ・ヌレエフとミック・ジャガーとの間で行われただろう」 原本『Noureev』:« Si j'av...
全部読む

第三者の感想がミック・ジャガー本人の告白に化ける

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.180:「それは魅惑的な瞬間だったよ。まるでカチンとスイッチが入ったみたいだった」 Telperion訳:ミック・ジャガーとマリアンヌは文化的な外出の1つで、舞台裏までヌレエフに会いに行った。目撃者は回想する。「うっとりする瞬間だった。ヌレエフとジャガーの間で瞬時に何かが作動したんだ。マリアンヌのために心配になったよ。少しばかり蚊帳の外に見えたからね」 原本『Noureev』:Lo...
全部読む