初めて話す相手にどこまで話せるか

『ヌレエフ』P.131: 即決すべきだろうか? Telperion訳:そのことについてその場で話し合うことになるのを自分は望んでいるだろうか? 原本『Noureev』:Est-ce qu'il veut venir en discuter sur place ? フォンテーンに初めて接触され、ガラへ招待されたヌレエフの心中。 仏文和訳の解説 "en discuter"は「それについて議論する」。「決める」と解釈するのは苦しい。 "veut venir ~(不定詞)"は「~することになるのを望む...
全部読む

répétition(稽古)とreprésentation(公演) - ジゼル編

『ヌレエフ』P.139:フォンテーンとヌレエフは一二回の公演の権利を得た。 Telperion訳:フォンテーンとヌレエフは、異例な多さである12回の稽古の権利を得る。 原本『Noureev』:Fonteyn et Noureev vont avoir droit à douze répétitions, un nombre inhabituellement élevé, フォンテーンとヌレエフの初共演となるロイヤル・バレエの「ジゼル」公演について。 répétitionは「稽古、リハーサル」で、「公演」のフランス語はre...
全部読む

complication(いざこざ)とcompliment(賛辞)

『ヌレエフ』P.131:出演料はもらえないが、ありとあらゆる賛辞を浴びるだろう。 Telperion訳:出演料は受け取らない。しかしそれでも、あらゆる種類のいざこざがあるだろう。 原本『Noureev』:il ne touchera pas de cachet. Mais il y aura quand même toutes sortes de complications. クエヴァス・バレエと契約中にフォンテーンからガラに招待されたヌレエフの迷い。 complicationの意味として仏和辞書にあるのは「複雑さ...
全部読む

魅せられたのはヌレエフでなくフォンテーン

『ヌレエフ』P.144:手足を使うよりむしろ心を込めることを大切に踊っていたマーゴットには、彼女に魅せられたヌレエフが限りなく大胆に踊るのは、純粋にほとばしる恋心のために思えた。 Meyer-Stabley原本:Pour Margot, qui danse autant avec son cœur qu'avec ses jambes, la fascination qu'il exerce sur elle et son inlassable dynamisme relèvent presque de l'alchimie amoureuse. Telperion訳:脚で踊るのと同じくらい...
全部読む

ヌレエフとフォンテーンはどう出会ったか

『ヌレエフ』P.130:彼女にとっては明白だった。 Telperion訳:女性スターの説が最も信憑性が高いと思われる。 原本『Noureev』:celle de la danseuse étoile semble la plus probable. 「ヌレエフの人生にマーゴット・フォンテーンが入り込んだいきさつにはいくつかの説があるが」(訳本P.130)に続く文。 この文の直訳は「女性のスター・ダンサーのそれが最も確かなように見える」。 主語の一部celle(それ)は女性名詞を表す...
全部読む

誰の前でも暴言を吐いたとは限らない

『ヌレエフ』P.140:彼はイギリス風の礼儀や丁寧さを無視し、汚い言葉を自在にあやつって何か気に入らないことがあるとののしり、誰の前でも“畜生”といった暴言を吐いた。 Meyer-Stabley原本:Avec elle il n'est pas question de politesse anglaise. Rudolf, qui manie les gros mots avec aisance et jure dès que quelque chose lui déplaît, ne se prive pas de quelques shit devant la danseuse. Telperion訳:彼女との間で...
全部読む