ヌレエフの寄与を惜しみなく認めるフォンテーン

『ヌレエフ』P.209:彼はなすべきすべてをしているように見えました。 Telperion訳:すべてを彼に負っているという印象です。 原本『Noureev』:J'ai l'impression de tout lui devoir. 踊りのパートナーとしてのヌレエフについて語るフォンテーン。「彼は私が望むように踊らせる、私自身の最大限を与える」といったことを語った後に続く。 構文解析は単純 直訳は「私はすべてを彼に負うという印象を持っています」。 文中で...
全部読む

半分恋するのは踊りのため

『ヌレエフ』P.144:彼女はコレット・クラークに「まるでルドルフに恋しているみたい」と打ち明けている。 Telperion訳:彼女はコレット・クラークに打ち明けてすらいる。ルドルフと踊るには、そうするのと同じように「彼に半分恋する」ことが必要だと。 原本『Noureev』:Elle confie même à Colette Clark qu'il faut qu'elle soit « à moitié amoureuse de Rudolf » pour danser avec lui aussi bien qu'elle le fait. ヌレエ...
全部読む

独立宣言を聞いて内心は逆だと感じたプティ

『密なる時』P.54:ある日ヌレエフはマーゴのことを「僕は彼女と永遠に踊っていくつもりはない。僕は自立すべきだし、さもなければ彼女が年を重ねていった時、僕はいったい何をしていけばよいのだろう」と言った。彼はいかなる束縛も望んでいなかったが、その神々しいばかりのパートナーには非常に強く惹かれていた。 プティ原本:Rudolf: « I will not dance with her for ever. I have to be independent or what will I do when ...
全部読む

フォンテーンを見舞わなかったプティ

『密なる時』P.90:すべてが終わってしまった今となっては、白髪になっても変わることなく美しかった偉大な女性を訪ねた時の胸の熱くなるような思い出を、私自身も大切にしておきたいと思っているよ。その時の私は君ほどの強い思いがなかったので、飛行機に飛び乗ってパナマを後にして帰国の途についた。でもマーゴとの最後の思い出は、いつも心の中で私にぴったりと寄り添っているよ。 プティ原本:Aujourd'hui que tout est fini,...
全部読む

フォンテーンは苦悩よりまず思いやりの人

『ヌレエフ』P.156:深い懊悩を背負うタイプの女性だったマーゴット・フォンテーンは、オレンジ色やラヴェンダー色を傷つけるのを恐れ、本当に好きな色はピンクだと告白したことは一度もなかった。 Telperion訳:ところがマーゴ・フォンテーンは、たとえ拷問されても、オレンジ色や藤色を傷つけるのを恐れ、ピンクがお気に入りの色だと明かさないタイプの女性だった。 原本『Noureev』:Or Margot Fonteyn est le genre de femme qu...
全部読む

ヌレエフとロイヤル・バレエの共演は英国に限らない

『ヌレエフ』P.160: マーゴットとの共演で一〇年間彼の生活は確定し、流動的なのはスケジュールだけだった。彼らはロイヤルバレエ団の公演に定期的に出演していたが、契約が中断している間には短期間でも頻繁に海外に遠征していた。 Telperion訳: マーゴのおかげで、彼の生活はその後10年間固定され、細かな点だけが変化する。ロイヤル・バレエとともにロンドンでも海外ツアーの時でも定期的に姿を現し、その合間にもっと短期では...
全部読む

de plus belleの意味はplus belle(より美しい)と無関係

『ヌレエフ』P.141:拍手喝采が彼女をより一層美しくしていました。 Telperion訳:ひときわ高まった喝采がまた始まりました。 原本『Noureev』: Les acclamations reprirent de plus belle. 1962年2月21日、フォンテーンとヌレエフが「ジゼル」で初共演を果たした後、いつまでも続くカーテンコールの情景。 「より一層美しく」でなく「いっそう激しく」 "de plus belle"は「いっそう激しく、前よりひどく」というイディオム。...
全部読む

フォンテーンの鼻

『ヌレエフ』P.142:彼女は結婚前、直感を働かせ、だまされているのではないかと注意を払った。 Telperion訳:彼女は結婚前、鼻の整形に注意を払った。 原本『Noureev』:Elles a pris soin de se faire refaire le nez avant le mariage. "se faire A(他動詞) B(他動詞の目的語)"とは、「BをAさせる、してもらう」という意味で、使役の表現の一種。Aにあたるrefaireには「やり直す」「元通りにする」などさまざまな意味があるが...
全部読む

フォンテーンのあおりを食らったのはパートナー

『ヌレエフ』P.132:そしてその至高の優美、完璧な優雅さ、寛大な心と舞台栄えがして存在感を放つ容姿は、ライバルたちを青ざめさせたものでした。 Telperion訳:至高の優雅さ、完璧な優美さをそなえ、心は大変広く、舞台での存在感は四方にあふれ出て、パートナーを色あせさせていた。 原本『Noureev』:une grâce de souveraine, une élégance parfaite, une grande générosité de cœur et une présence scénique qui irradiait e...
全部読む

フォンテーンの芸名の由来は母の旧姓

『ヌレエフ』P.132:フォンテーンはブラジル出身でフォント育ちの母親の名前からつけたステージネームだった。 Telperion訳:(芸名フォンテーンは、自身の旧姓がフォンテスであり、ブラジル出身の母に由来する) 原本『Noureev』:(Fonteyn, son nom de théâtre, lui vint de sa mére, elle-même née Fontes, d'origine brésilienne) ヌレエフの無二のパートナー、マーゴ・フォンテーンの説明から。 néeは「生まれた」という意味...
全部読む