トールチーフとブルーンがかつての恋人だという示唆

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.127-128:彼女は周知のとおりバイ・セクシュアルなエリックがタタール人に惹かれ、彼女のロマンスが終わってしまうかもしれないと思ったが、自分が紹介したダンサーを二人とも失うとは想像していなかった。 Telperion訳:自分のデンマークのロマンスに終止符が打たれたこと、周知のバイセクシャルであるエリックがタタール人に魅了される以外にないことは知っていても、2人のダンサーを互...
全部読む

トールチーフとバランシンやブルーンの縁がヌレエフを魅了

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.126:当時三六歳だった彼女は確かに魅力的だった。彼女はジョルジュ・バランシンの三番目の妻で、ダンサー・エリック・ブルーン*1のパートナーで仲間でもあった。 Telperion訳:36歳の彼女には、確かに本物の磁力のような存在感があった。しかしなかでも、彼女はかつてジョージ・バランシンの3番目の配偶者であり、またモスクワに立ち寄って*以来ルドルフを魅了したダンサー、エリック・...
全部読む

マリア・トールチーフの談話がロゼラ・ハイタワーのものに

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.126:マリアは端麗な一方子どもっぽい一面もあるルドルフに魅力を感じ、彼から目が離せなくなっていきました」 Telperion訳:2人には共通点がたくさんありました」。マリアはルドルフがあまりに美しく、あまりに子供らしく、あまりに魅力的だと思ったので、「彼から私の目を離すことができませんでした」。 原本『Noureev』:Ils avaient beaucoup de choses en commun. » Maria trouve R...
全部読む

トールチーフとブルーンやバランシンのつながり

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.127:マリアはバランシンとブルーンとの間でバランスを保つのに最良の手段を講じていた。一方ルドルフはブルーンの話ばかりしていた Telperion訳:マリアは何より、バランシンとブルーンにコンタクトを取る最良の手段を表していた。しかもルドルフはマリアにブルーンの話をするのをやめなかった。 原本『Noureev』:Maria représente surtout le meilleur moyen d'entrer en contact avec...
全部読む