内務省の統治は無関係

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.24:内務省が統治していた一九世紀のように、何から何まで女王の人格を中心に据えているバッキンガム宮殿は一種の飛び領土を形成している。 Telperion訳:非常に19世紀的な世界だ。そこで支配する空気のせいでもあり、その内部動作のせいでもある。つまり、バッキンガム宮殿(職員による呼び名はBP)は女王の人格に完全に集中しており、一種の飛び地となっている。 原本『Buckingham Palace au temp...
全部読む

バッキンガム・パレス・ロードが廊下だという決めつけ

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.46:一階には他にキッチン、事務所、スタッフの住まいと郵便局がある。宮殿の長い廊下には実際郵便局があり、配達員がいて、一日に一五〇〇通もの郵便物を配る。 Telperion訳:1階のその他全部の部屋は、厨房、事務室、職員の住居がいくつか、そして郵便局で占められている。なぜなら、宮殿には郵便配達員と本物の事務局(バッキンガム・パレス・ロード沿い)が存在し、1日1500通以上の手紙に切手を...
全部読む