女王の在宅を示す旗は690枚もない

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.41:女王陛下の在宮中は、赤と金の二色の六九〇枚の王室旗が飾られる。 Telperion訳:女王陛下が宮殿に在宅の折は、690部屋の上に王室旗がたなびく。支配的な色は2色、赤と金だ。 原本『Buckingham Palace au temps d'Elisabeth II』:Six cent quatre-vingt-dix pièces sur lesquelles flotte l'étendard royal lorsque Sa Majesté réside au palais. Deux couleurs dominantes : le rouge et l'o...
全部読む

緑の客間の歴史と位置

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.51:シャーロット王妃が取り換えたすべての部屋同様、この部屋も王宮の中心にある中庭に面している。 Telperion訳:この部屋に取って代わられたシャーロット王妃の客間とまったく同じように、中庭の東の面の中心を占める。 原本『Buckingham Palace au temps d'Elisabeth II』:Tout comme le salon de la reine Charlotte qu'il remplaça, il occupe le centre de la face est de la cour d'honne...
全部読む

消されたベルギー・スイート

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.45:最も重要なレセプションルームは一八世紀の間と呼ばれており、薄い化粧張りを施し繊細なメカニズムを駆使した四面の驚くべき天文時計が置かれている。また金色に輝く装飾品やクリスタルのシャンデリアや上品な趣味の肖像画や絵画などもある。 Telperion訳:ベルギー・スイートの主要なレセプション・ルームは18世紀の間と呼ばれ、うろこ状の化粧板べっ甲張りと精巧な機構を備えた四面の驚くべ...
全部読む

カーナーヴォンの間はベルギー・スイートの一部

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.45:隣接しているカーナヴォンの間は、ベルギー風の大理石の広間に繋がるスイートルームで、ヴィクトリア女王とベルギーの王の叔父にあたるレオポルド一世の時代から、国家の長が訪問した際のゲストルームとして使われている。 Telperion訳:すぐ隣りでは、カーナーヴォンの間(国王ジョージ3世にバッキンガム・ハウスの購入を勧めた貴族の名を取る)を通り、大理石の間からベルギー・スイートに至る...
全部読む

何人もいる園芸好きの王族

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.53:ロイヤルファミリーはウィンザー公になったエドワード八世を密かに庭師のように思っていた。 Telperion訳:ウィンザー公になったエドワード8世にならい、王家の人びとは心底からの園芸家だと思われている。 原本『Buckingham Palace au temps d'Elisabeth II』:La famille royale passe pour jardinière dans l'âme, à l'instar d'Édouard VIII, devenu duc de Windsor : 原文には3つのイ...
全部読む

池が原因で生まれた喜劇

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.55:庭園の一番西側には〈アイトンの泉水〉と呼ばれている小さな池がある。滝もあり、ヴィクトリア時代にはこの辺りで芝居を行っていた。 Telperion訳:庭園の西端には「エイトンの泉水」と呼ばれる小さな池が、きらきら光る滝とともにある。この池が原因で、ヴィクトリア女王の治世に喜劇的な場面が生まれた。 原本『Buckingham Palace au temps d'Elisabeth II』:À l'extrémité ouest du parc s...
全部読む

シャンデリア制作者に化けたピアニスト

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.50:アーサー・ルビンスタインが自ら作った数々のシャンデリアは宮殿の中で最も美しい。 Telperion訳:広がるシャンデリアの数々は宮殿で最も美しいものであり続けている。アルトゥール・ルービンシュタインその人がここに姿を現した。 原本『Buckingham Palace au temps d'Elisabeth II』:les lustres immenses demeurent les plus beaux du palais. Arthur Rubinstein lui-même s'y produisit. ...
全部読む

鳥瞰図で地面すれすれを見る?

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.44:鳥瞰図で見ると、バッキンガム宮殿は実際地面すれすれに真四角に見える。経験の浅い従僕には、立方体のラビリンスの迷宮のように見えたのだろう。 Telperion訳:上から見たバッキンガム宮殿は、実際に正方形に似ている。不慣れな召使が見るように地面の高さからだと、正方形は立方体になり、迷宮のような建築になる。 原本『Buckingham Palace au temps d'Elisabeth II』:À vol d'oiseau, le ...
全部読む

『バッキンガム宮殿の日常生活』のチェック

『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の存在はずっと前から知っていましたが、原本と照合する気は長らく起きませんでした。理由はいくつもあります。 バレエの専門家を自負していると思われる新倉真由美や文園社が本気で出版したがる題材に思えない。どうせ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』出版の許可をもらいやすくするための抱き合わせに過ぎないのだろう。そんな邦訳本...
全部読む

スノードン家のおざなりな呼び方

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.244:スノードン侯 Telperion訳:スノードン一家 原本『Noureev』:des Snowdon ヌレエフのセレブな友人の一例。ここでいうスノードンとはマーガレット王女の夫のこと。もっとも、新倉本でスノードンの名が初めて出るP.202には「マーガレット&スノードン大佐夫妻」とあるし、マーガレットが王妃呼ばわりされているので、新倉本からはスノードンの素性は明らかとは言えない。 新倉訳...
全部読む