新倉本が招くヌレエフの誤解(1) - 犯罪行為まがい

前置き Meyer-Stabley著『Noureev』の訳本『ヌレエフ』に私が抱いている不満は、次の2つに集約されます。 原本『Noureev』は『ヌレエフ』のように不正確で論理的でない文を書き散らした本ではない。 『Noureev』で書かれるヌレエフは、『ヌレエフ』で書かれているほどパターン化されたわがままセレブではない。 しかしなにぶん記事が増えたので、上の主張の裏付けに適した記事が見つかりにくい状態です。1番目の不満の原因であ...
全部読む

主題はダンサーたちの反発心

『ヌレエフ』P.257:ダンサーたちはますます苦境に陥っていくように見えた。彼らは体操選手でしかないことを不満に思い、シリル・アタナソフなどエトワールたちは最小限の役しかもらえず、海外でも活躍できないと嘆いていた。 Telperion訳:ダンサーたちはますます辛辣になるようだった。彼らは体操選手でしかないと不満を訴えた。シリル・アタナソフなど、パリのちっぽけな役目のせいで国外で力の限り輝けないことを嘆くエトワール...
全部読む

ヌレエフは外国人との大っぴらな接触を避けた

『ヌレエフ』P.71:彼らは終演後に夕食に誘ってくれ、もちろん喜んで応じました」ルドルフはイライザ役を務めていたアメリカ女優ローラ・フィッシャーと約束を交わし、滞在先のホテルで団員たちと共に数時間を過ごした。 Telperion訳:アメリカ人たちはお返しに、これから一緒に夜食に取ろうと招待してくれた。私は思い切って行くことはしなかった」しかしルドルフは、イライザ・ドゥーリトル役を演じたアメリカの女優ローラ・フィ...
全部読む