発言者はルディエールでなくヌレエフ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.268-269:常に完璧を目指すプロのダンサーたちは彼の威厳に圧倒され、専制的な権力を持つ巨人に魅せられ憧憬の思いを育んでいった。実際彼の信念には反論できなかった。 「ダンサーたちは自分自身から抜け出して、比類ないほど極端に突き進んでいくしかないのです」 モニク・ルディエールは言った。 「彼は人格というよりむしろ才能によって突き動かされていました。 Telperion訳:彼...
全部読む

「オー・カルカッタ!」へのプティの関心の程度

『ヌレエフとの密なる時』P.66:ニューヨークでは、『ヘアー』(注1)が大成功を収めた後に『オー! カルカッタ!』(注2)が続いていた。クロヴィス・トルイユの有名な絵にインスピレーションを感じて生まれたこの作品を見ずしてこの街を訪ねることは、もはや私には不可能だった。作品の主題は、フランス語のタイトルからもわかるように女性的で豊満なヒップである。 Telperion訳:「ヘアー」が成功した後、「オー・カルカッタ!...
全部読む

ローラン・プティはタクシーに乗らずにさびれた道を歩いた

『ヌレエフとの密なる時』P.66-67:この滑稽なフェスティバルに参加した後、私は劇場の出口で群衆に急き立てられながらタクシーを探した。劇場の前にはあまりタクシーが来なかったが、チップを弾んで一番時流に乗った話題の場所に連れて行ってもらった。 Telperion訳:これらのこっけいなお祭りを見物した後、出口で観客は、劇場の前にいるごく少ないタクシーのうち一台の好意を得ようと押し合いへし合いし、もっと文明の発達した場...
全部読む

ヌレエフの室内装飾に対する態度

『ヌレエフとの密なる時』P.47:でも実際、彼は死の直前まであらゆる装飾品に囲まれていた。彼が好んでいた時代物の家具、古いビロードでできた壁紙、スペイン・コルドバの皮製タペストリー、絵画や彫刻の数々、それらのすべては著名な装飾家たちが徐々に彼の周囲に整えていったものだったのだ。しかし彼がそれを楽しめる時間はごくわずかだった。ソファーの上で物憂げなパシャ(注1)のポーズをとる姿に来客たちは驚き、アラーの...
全部読む

和解後は遠慮がちになったヌレエフ

『ヌレエフとの密なる時』P.81-82:私たちは深い友情で結ばれていた上に猜疑心も共有していたので、そのことが我々に戦場に向かう馬にひらりとまたがることをためらわせていた。彼は時間の大半を和解に費やすことを好んでいたが、私は時々脱線し、その小康状態を利用して見当違いな挑発を試みようとしたりした。 Telperion訳:友情の深い絆、そして我々に共通した猜疑心は、彼が軍馬に飛び乗るのをためらわせた。大体において彼は妥...
全部読む

知性でも相手の上に立ちたいヌレエフ

『ヌレエフとの密なる時』P.81:人一倍すぐれた筋力を証明するために、好んで過酷な鍛錬を積んでいた彼の鋼鉄の腕。またその機知に富んだセンスに仲間たちは閉口してしまうほど仰天させられた。 Telperion訳:筋肉も知性も自分の方が上だと自分自身に証明するために腕相撲を実践するのが大好きなものだから、彼のパートナーたちはやり込められ、あっけに取られ、尻餅をつかされた。 原本『Temps Liés avec Noureev』P.71:le bras d...
全部読む

FBIの捜査があったという証拠

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.228:情報の出所は不確かだったが、彼らが調査作成した一六〇ページに及ぶレポートは、詳細にわたり事実の信ぴょう性を保証している。 Telperion訳:この情報は現実離れしているように見えるかも知れないが、今後閲覧可能な160ページの報告書が、この逸話が真実であることを証明している。 原本『Noureev』:L'information peut paraître surréaliste, mais les cent soixante pages d'un...
全部読む

シンデレラは最初から美しい

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.263:汚らしい少女は登場から寂しげな子ではないと解釈しました。なぜなら彼女はいつの日か花開き、より美しくなると夢見ているからです。 Telperion訳:私にとって最初から、汚らしい少女は哀れではありません。夢の中に生き、その夢によって昇華され、より美しくなっているからです。 原本『Noureev』:Pour moi, dès le début, la souillon n'est pas triste car elle vit dans ses rê...
全部読む

自分から折れたくはなかったプティ

『ヌレエフとの密なる時』P.8:私たちは時々衝突したが、攻撃やこの上なく過酷で激しい叱責や侮辱、それらの痕跡はあっという間に跡形もなく消え去り、お互いに次の一歩を踏み出そうと模索し、かけがえのない友情の絆を再び結ぼうと努めたものだった。 Telperion訳:口論、打撃、最も容赦なく、最も暴力的な応酬、ならびに侮辱、その傷跡は間もなく癒え、それぞれが相手の歩み寄りを待ち、友情のかけがえのない絆を復活させようと努...
全部読む

クジラは漂着生物でなく展示品

『ヌレエフとの密なる時』P.59:それはまさに私が、ヌレエフと傷を負い弱々しく陸に打ち上げられた鯨との共通点について発言した時だった。パリジャンたちはこぞって波打ち際へ急ぎ、海の巨獣を見ることを切望していた。ただ単に「そこに行ってそれを見てきた」と言うためだけに。 Telperion訳:ルドルフとアンヴァリッドの広場に展示されたクジラが似ていることを語ろうとして私が発言したのは、ちょうどこの時だった。パリの人々...
全部読む