ヌレエフの官能性が当時のバレエに波及したとは限らない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.148:一九六〇年代、彼はクラシックバレエをエロティシズムを表現する真に大衆的な現象として積極的に変化させた。 Telperion訳:1960年代に古典バレエを真の大衆的な現象に変えることになる男は、積極的に官能性に賭けた。 原本『Noureev』:Celui qui, dans les années 1960, va transformer la danse classique en un véritable phénomène populaire joue volontiers sur la sensualit...
全部読む

プログラム作りの苦労は負傷の原因とはいえない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.136-137:しかし公演のたびに四人のダンサーのためにプログラムを構成するのは次第につらくなり、案の定千秋楽の夜に事件が起こった。 Telperion訳:4人のダンサーにとって公演全部のプログラムを組むのはすでにつらかったが、そこに最後の夜に災難が起こった。 原本『Noureev』:Il est déjà dur pour quatre danseurs de composer le programme de toute une soirée, mais voilà que la...
全部読む

ヌレエフが希望したのは公演合間の気晴らし

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.200:このロシア人は海沿いに巡業したいと希望した。 Telperion訳:ロシア人は海を一回りしに行きたいという希望を述べた。 原本『Noureev』:le Russe émet le souhait d'aller faire un tour en mer. ヌレエフがフィリピンに踊りに出かけたとのこと。続いて、翌日からマルコス大統領夫妻が大統領用のヨットをヌレエフに自由に使わせたことが語られる。 かなり単純な見間違い 新倉...
全部読む

オ・ナン・ブルーの電車は購入した模型

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.89:ルドルフとクララは電車を待ちながらナンブルーで二時間を過ごした。 Telperion訳:ルドルフとクララはオ・ナン・ブルーで電動の列車を探して2時間を過ごした。 原本『Noureev』:Rudolf et Clara passent deux heures au Nain bleu à chercher un train électrique, ヌレエフが初めて訪れたパリで過ごしたプライベートな時間。 オ・ナン・ブルーは老舗の玩具店 "nain bleu"をy...
全部読む

ヌレエフはクララ・サンのそばでバレエを見た

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.87:二日後の夜、ルドルフはキーロフのバレエを見せるためにクララをオペラ座に連れて行った。作品は彼の好きなプロコフィエフの“石の花”だったが彼自身は出演していなかった。クララは数人の友人を連れボックス席に座っていた。 Telperion訳:その上、出会い後2晩にわたり、ルドルフはお気に入りのキーロフのバレエを見るために、クララをオペラ座に連れて行った。プロコフィエフの「石...
全部読む

マリア・カラスとの比喩はヌレエフの弁明

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.245: 完璧でないという点ではよくマリア・カラスと比較される。彼女はよく間違えて歌うことがあったが、ドラマチックな役への集中度によって人びとの関心を集めた。 Telperion訳:自分の不完全さを自覚して、彼は自分をマリア・カラスにたとえた。カラスは時折調子はずれに歌ったが、劇的な演技の強烈さで聴衆の注意をいやでも引きつけた。 原本『Noureev』:Conscient de ses imperfect...
全部読む

フォンテーンは苦悩よりまず思いやりの人

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.156:深い懊悩を背負うタイプの女性だったマーゴット・フォンテーンは、オレンジ色やラヴェンダー色を傷つけるのを恐れ、本当に好きな色はピンクだと告白したことは一度もなかった。 Telperion訳:ところがマーゴ・フォンテーンは、たとえ拷問されても、オレンジ色や藤色を傷つけるのを恐れ、ピンクがお気に入りの色だと明かさないタイプの女性だった。 原本『Noureev』:Or Margot Fonte...
全部読む

第二次世界大戦前は順調に暮らしていた父

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.13:薄給だった父親は、スターリンが少数民族の軍幹部を更迭したため大尉から降格された。 Telperion訳:父(その俸給は雀の涙だった)は、戦後スターリンが軍から少数民族の幹部を全員更迭することを決意したとき、大尉の位から降格されることになる。しかしこの1938年、父にとってスターリンのソ連は神の摂理に思えた。 原本『Noureev』:Son père (dont la solde était misérable) sera ...
全部読む

最初の不協和音の前にスト?

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.252:この画期的な改革は怒りを招きストライキを起こさせた。 Telperion訳:そう遠くない昔なら、怒りとストライキを呼び起こしたであろう革命である。 原本『Noureev』:une révolution qui, il n'y a pas si longtemps, aurait provoqué fureurs et grèves. ヌレエフがパリ・オペラ座バレエ監督に就任して早々に始業時間を早めたことについて。 怒りやストライキは実際に起きたこ...
全部読む

運命をゆさぶったのはヌレエフの所業ではない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.59:しかし一九五八年夏、この悪しき天才は輝かしい運命のカードを急いでかき回してしまった。八月キーロフのバレエ団は分散してしまったのだ。 Telperion訳:しかしこの1958年夏、あまりにも輝かしいこの運命のカードを魔物が急いでかき混ぜた。8月、キーロフの一座は散り散りになった。 原本『Noureev』:Mais en cet été 1958 un mauvais génie s'empresse de brouiller les cartes de...
全部読む