ヌレエフに好意的なフランスの女性ダンサーたち

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.210:フランスのダンサーたちはヌレエフについてさまざまな情報を提供してくれた。 Telperion訳:フランスの女性ダンサーはヌレエフのとりわけ最上の広告代理業者となり、全員が声をそろえる。 原本『Noureev』:Les danseuses françaises seront d'ailleurs les meilleurs agents publicitaires de Noureev, formant un chœur unanime. publicitaireは「宣伝の、広告の」、agentは「...
全部読む

リハーサルを拒否したのはヌレエフ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.257:かっとしやすい芸術監督はまた衝動的な行動をした。テーブルをひっくり返しティポットの中身をひとりのバレリーナの上にかけたのだ。彼女はリハーサルを拒否した。 Telperion訳:激しやすい芸術監督はテーブルをひっくり返し、ティーポットの中身を1人の女性ダンサーにぶちまけ、リハーサルを拒否して新たな危機を呼んだ。 原本『Noureev』:le fougueux directeur de la danse fait...
全部読む

反体制なのはデュポン

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.255:反体制のルモンド紙のインタビュー Telperion訳:ルモンド紙での反体制的なインタビュー 原本『Noureev』:une interview contestataire au Monde ヌレエフが先頭に立って踊りたがることに不満を表明したパトリック・デュポンのインタビューについて。 形容詞contestataire(反体制派の)は前の名詞interview(インタビュー)とは直接つながっているが、後のLe Mondeとは前置詞àでへ...
全部読む

パリ・オペラ座バレエは御しにくい

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.251:うまく管理されていないと言われていた。 Telperion訳:統括不可能だと至る所で言われていた。 原本『Noureev』:ingouvernable, dit-on partout. ヌレエフが監督に就任した当時のパリ・オペラ座バレエの評判。 ingouvenableの意味は「統治できない、手に負えない」で、統治する側ではなく、統治される側の資質。当時のパリ・オペラ座バレエがうまく管理されていなかったのは事...
全部読む

文化大臣はヌレエフの訪問先でなく同行者

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.281:ヌレエフは文化大臣のもとに飛んで行った。 Telperion訳:ヌレエフは外務省の一員と当時の文化大臣フランソワ・レオタールとともに飛び立った。 原本『Noureev』:Noureev s'envole en compagnie d'un membre du Quai d'Orsay et de François Léotard, alors ministre de la Culture. 亡命後26年後の1987年、ソ連についに入国を許可され、家族と再会しにソ連に向かった時。 ヌレ...
全部読む

ピエール・ラコットは当事者として噂を否定した

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.108:ある振付家兼ダンサーは、その時期ヌレエフはホモセクシュアルの経験はなかったと断言しその仮説を一笑に付した。 Telperion訳:この振付家兼ダンサーは、その時期ヌレエフの同性愛を知らなかったと断言し、この仮説を一蹴する。 原本『Noureev』:Le chorégraphe-danseur balayera cette hypothèse en affirment avoir ignoré l'homosexualité de Noureev à l'époque. KGBの書類...
全部読む

ロシア訛り、イタリア系アメリカ訛り、イギリス訛り

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.234:撮影が再開されイギリス英語に囲まれると、また元の状態に戻ってしまったのです! Telperion訳:撮影が再開した途端、彼はイギリス訛りに囲まれ、そのとき自分でも気づかずにその訛りを再現したのです! 原本『Noureev』:dès que les prises de vues recommençaient, il était environné d'accents anglais qu'il reproduisait alors sans s'en rendre compte ! 映画「ヴァレン...
全部読む

livre(本)とlibre(自由な)

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.22: 自由はほんの僅かしかなかったが、ファリダは子どもたちに時どきジュールベルヌ(原文ママ)の物語を聞かせてくれた。 Telperion訳:本はごく少なかったが、ファリダは時折子どもたちにジュール・ヴェルヌの物語を読み聞かせた。 原本『Noureev』:Les livres sont rares, et pourtant Farida lit parfois à ses enfants des récits de Jules Verne. ヌレエフの幼少時代、母ファリ...
全部読む

répétition(稽古)とreprésentation(公演) - ジゼル編

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.139:フォンテーンとヌレエフは一二回の公演の権利を得た。 Telperion訳:フォンテーンとヌレエフは、異例な多さである12回の稽古の権利を得る。 原本『Noureev』:Fonteyn et Noureev vont avoir droit à douze répétitions, un nombre inhabituellement élevé, フォンテーンとヌレエフの初共演となるロイヤル・バレエの「ジゼル」公演について。 répétitionは「稽古、リハーサル」...
全部読む

非正規団員に付き添う余裕は小バレエ団にはない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.38:だから外出するとき君に付き添わなければなりません。でも 原本『Noureev』:et alors que je devrais vous flanquer dehors, Telperion訳:君を叩き出すべきなようですが、 ウーファのバレエ団の端役で、問題行動が多かったらしいヌレエフに、上司が「君についての苦情がたくさん来ている」と告げた後にこう続けた。 "flanquer ~ dehors"は「~を叩き出す、クビにする」。事実...
全部読む